コンテンツ販売とは?やり方や種類を実体験と共に解説します!

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に執筆活動をしている、マイライフクリエイターのユウキです。

  • コンテンツ販売って何?
  • コンテンツ販売に興味があるけどやり方がわからない!
  • 販売するコンテンツにどんな種類があるのか知りたい!

そんな人たちに向けて、コンテンツ販売のやり方や種類など、詳しい解説をまとめました。

私は横浜でWebマーケティングの会社を経営しているのですが、コンテンツ販売で毎月安定的な売り上げを維持しています。

パソコンとインターネット環境があれば、個人でもコンテンツ販売はできます。
コンテンツ販売のやり方を無料で全て公開するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はじめに〜独自コンテンツを販売するまでの流れ〜

次の順番で記事を読んで実践してもらえると、独自コンテンツの作成スキルや販売スキルが身につきます。

チェック
  1. コンテンツ販売の基礎知識:コンテンツ販売とは?やり方や種類を実体験と共に解説します!
  2. コンテンツ販売の商品知識:コンテンツ販売はフロー型とストック型のどちらがおすすめか?
  3. 独自コンテンツの作り方:独自コンテンツの作り方【1つの商品で年間627万円売り上げた方法】
  4. 独自コンテンツの販売方法:セールスレターの作り方【書き方や構成を丸パクリしてOKです!】

今回は1の「コンテンツ販売の基礎知識」の解説です。

コンテンツ販売の実績!

記事の信憑性の為に、まず最初に実績を公開させて頂きます。

▼自社商品の売り上げ実績の一部です▼Webマーケティング実績Webマーケティング実績

正直、会社の売り上げとして考えれば、そこまで多くはありません。
ただ、私の会社は一人で経営しています。
税金対策の為に妻を取締役というポジションに就けていますが(笑)、社員は誰も雇っていません。

Webビジネスは経費がほとんど必要なく、売り上げがそのまま利益に繋がるので、自社商品の売り上げはかなり大きいです。
社員がいなくてもWebメディアが24時間働き、自動で商品を販売してくれます。

ちなみに、私が初めて行ったコンテンツ販売は、コンサルティングでした。
フリーランスのWebマーケターとして独立をした、2014年のことです。
Webメディアの運営で110万アクセスを達成したこともあり、Web集客コンサルを行いました。

当時はまだ実績もなかったこともあり、実績作りの意味も込めて、5,000円という破格の値段での販売です。

ユウキ
今では考えられない値段です 笑

コンテンツ販売とは?

「コンテンツ販売」とは、自分で作った商品をお客さんに販売することです。
自分で作った商品のことを、「独自コンテンツ」と言います。
「コンテンツ販売」や「独自コンテンツ」は、主にWebビジネスで使われる用語です。

例えば、私が「独自コンテンツを制作してWeb上で販売する方法!」というノウハウ動画を撮影し、
当ブログで5,000円で販売するとしましょう。

ユウキ
購入者限定で、Youtubeで閲覧できます!

ブログから商品に興味を持った人は、購入してくれます。

女性
あ、これは私が知りたいと思っていた情報だ!
せっかくだから購入しよう!

これが、コンテンツ販売の流れです。

ポイント
コンテンツ販売とは自分で商品を作り、独自コンテンツをWeb上で販売すること!

コンテンツ販売と対を成すのが「アフィリエイト」です。

アフィリエイトとは、ブログ・メルマガ・SNS・Youtubeなど、Web上の媒体で他社の商品を紹介して、紹介料をもらうビジネスです。
詳しくは、次の関連記事をご覧ください。

アフィリエイトとは何か?Web起業家がわかりやすく解説します!

アフィリエイトは紹介料が20%の場合、10,000円の商品を販売した際の売り上げは2,000円です。
独自コンテンツの場合、10,000円の商品を販売すれば10,000円がそのまま売り上げになります。

また、アフィリエイトは紹介料という形でASPから報酬を貰いますが、独自コンテンツの販売はお客さんから直接お金を頂きます。
いわゆる、ダイレクト課金です。

これが、独自コンテンツとアフィリエイトの大きな違いです。

ポイント
アフィリエイトはASPからパーセンテージに応じた紹介料をもらうのに対して、独自コンテンツの販売はお客さんから直接お金を受け取る!

コンテンツ販売のやり方とは?

コンテンツ販売を行う流れは、次の通りです。

チェック
  1. Webメディアを作る
  2. Web上で情報発信を行い集客をする
  3. 独自コンテンツを作って販売する

まずは商品を販売する為の土台が必要なので、ブログ・メルマガ・SNS・Youtubeなど、Webメディアを開設します。
初心者の方にまず最初におすすめするのは、ブログです。
ブログは経費がほとんど必要ない上に、書いた記事が資産になるので、長期的にアクセスを集めてくれます。

Webメディアに人を集める為に、読者の人たちに有益な情報発信をしてください。
私の場合は2014年からWebマーケターとして活動してきたので、その経験を生かし、このブログでWebマーケティングの情報を発信しています。
そうすることで、ブログに読者さんが集まってきます。

情報発信のやり方・ブログの作り方・集客方法については、次の関連記事をご覧ください。

情報発信ビジネスとは?やり方や仕組みをWebマーケターが解説!

情報発信ブログの作り方【月間70万PVを誇るWebメディアの全貌】

リストマーケティングの集客のやり方!10通りの実践方法を紹介!

そして独自コンテンツの作成と販売です。
この2つに関しては、「3.独自コンテンツの作り方」と「4.独自コンテンツの販売方法」をご覧ください。
詳しく説明しています。

ちなみに、情報発信やコンテンツ販売は、実績がなくても行えます。
今はブログの記事やYoutubeの動画など、デジタルコンテンツが販売できる時代です。

例えば、筋トレ好きな人間であれば、「6パックの腹筋を作る方法!」という記事を書いて有料で販売することもできますし、商品がなければアフィリエイトでも構いません。
私も最初はアフィリエイトからスタートして、その後で独自コンテンツの販売をメイン事業へと切り替えました。

ポイント
情報発信やコンテンツ販売は、実績がなくてもできる!
例え自分にとって必要のない商品だったとしても、需要があればいくらでも売れる!

独自コンテンツの種類とは?

独自コンテンツの種類は、大きく次の4つに分かれます。

チェック
  1. 物品
  2. サービス
  3. 情報
  4. システム

1.物品

人に直接渡せたり郵送で送れる、形のあるものです。
例:スマホ,PC,モニターなど。

2.サービス

人にしてあげる、行為や行動などです。
例:コンサルティング,コーチング,コミュニティなど。

3.情報

本やセミナーなど、人に伝えられるものです。
例:本,セミナー,記事など。

4.システム

導入すれば作動する、機械やツールなどです。
例:メール,SNS,アプリなど。

コンテンツ販売でおすすめの商品はどれ?

ビジネス初心者でも簡単に作れる、独自コンテンツを紹介します。

商品を作る上でハードルが高いのが、「物品」と「システム」です。
物品は在庫を抱える必要がありますし、システムはプログラミングなどの専門知識が必要です。
資金もスキルもないビジネス初心者の方には、金銭面や能力面で厳しいと思います。

商品を作る上で比較的ハードルが低いのが、「サービス」と「情報」です。
サービスにしても情報にしても形がないので、在庫を抱える必要がありません。
高度な技術がなくても商品を作れるので、ビジネス初心者の方にもおすすめです。

サービスや情報と言っても、商品は沢山あります。
その中でも私がおすすめする商品は、次の3つです。

チェック
  1. デジタルコンテンツ
  2. コンサルティング
  3. 月額課金サービス

一つずつ説明するので、あなたの商品作成の参考にしてみてください。

1.デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツとは、電子データの商品です。
例:会員制のHP,Youtube動画,PDF教材など。

あなたの得意なことや知識などを、電子データにまとめて販売します。
マーケティングのやり方をまとめた会員限定サイトや、ダイエットや筋トレのやり方を撮影した動画教材など、デジタルコンテンツの作り方は色々あります。

私が過去に作ったデジタルコンテンツの中で最もヒットしたのは、HPの作成方法や集客方法などをまとめた会員制のサイトです。
Web集客で売り上げを伸ばしたい、個人事業主の方をターゲットにしました。
商品の年間の売り上げは約1,120万円です。

電子データは在庫を抱える必要がないので、売り上げがほぼ利益になります。
経費もあまり掛からないので、万が一売れなくても赤字になることはありません。
集客から販売までの工程も自動化できます。
初めて商品を作る上で、デジタルコンテンツは最もおすすめです。

2.コンサルティング

コンサルティングとは、人を指導する仕事です。
例:英会話講師,ダイエットコーチ,Webコンサルタントなど。

あなたに何か得意なことや実績があれば、「コンサルタント」「コーチング」「トレーナー」「カウンセラー」など、人に教える職業として活動できます。
コンサルティングの場合、まずは実績を作る必要があります。

筋肉の知識が豊富で、筋トレが大好きであれば、筋トレのトレーナーとして活躍するのも有りです。
心理学を学び、人の悩みを聞いてあげられるのであれば、心理カウンセラーとして活躍するのも有りです。
私はWebマーケティングの専門家なので、HP集客のコンサルティングの経験があります。
先ほども言ったように、一番最初は5,000円という意味のわからない値段で請け負いました 笑

コンサルティングも在庫を抱える必要がありません。
あなた自信が商品なので、設備を整える必要もないです。
極端な話、青空の下でもコンサルティングはできます。
人に教えることが好きな場合、コンサルティングはおすすめです。

3.月額課金サービス

月額課金サービスとは、毎月料金が発生する定額制のサービスです。
例:有料メルマガ,月額会員制サイト、オンラインサロンなど。

月額課金サービスは、初心者には少し敷居が高いかもしれません。
毎月安定的に売り上げが発生するので、長期的に見るとおすすめです。
月額1,000円のメルマガの会員が1,000人いれば、「1,000(月額料金)×1,000(会員数)=100万(売上)」となり、毎月安定的に100万円を売り上げられます。

私たち経営者は、今月売り上げがあっても、来月も同じように売り上げをキープできるとは限りません。
ビジネスには波があるので、売り上げが下がることもあり得ます。
そんな時に、毎月定額で入ってくる売り上げがあると安定します。

私も独立3年目の時に、月額3,000円程度の有料メルマガを販売しました。
「初月無料」や「解約自由」と、購入までの敷居を低く設定したことで、
2年間で250名以上の方に購入をしてもらいました。

解約者もいるので売り上げの増減はありますが、それでも毎月安定した売り上げが確保されているのは安心です。
月額課金の売り上げがあるからこそ、安心して会社が経営できます 笑
長期的にビジネスをするのであれば、月額課金サービスはどこかのタイミングで取り入れた方が良いと思います。

コンテンツ販売のやり方や種類まとめ!

コンテンツ販売とは、自分で作った商品(独自コンテンツ)を、Web上で販売することです。
お客さんからのダイレクト課金や、販売価格がそのまま売り上げになることが、アフィリエイトとの違いです。

独自コンテンツの種類は、大きく分けると「物品」「サービス」「情報」「システム」の4つです。
「物品」と「システム」はハードルが高いので、ビジネス初心者の方は「サービス」と「情報」から、商品を作るのがおすすめです。

次はこちらの記事をチェック

コンテンツ販売はフロー型とストック型のどちらがおすすめか?

単発報酬と継続報酬、あなたはどちらに惹かれますか?

追伸1.自分だけの理想の人生を創り出す、無料のオンライン講座を開設しました。理想の人生を送る為の3ステップ動画や、人生の目的を明確にする為の実践マニュアルをプレゼント中です。

追伸2.公式LINEでは、お友だち限定のお得な情報をお届けしています。登録後、すぐに受け取れる特別プレゼント付きです。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。

最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ブログ執筆者:ユウキ マイライフクリエイター 起業7年目(法人3期目) 「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」 そんな理念に掲げて、執筆活動をしながらビジネスを行う。 「自分だけの人生を創造する」がブログのコンセプト。 筋トレ、旅行、映画、ドラクエ好き。 Webマーケティングが得意分野。 専業主婦の妻と、白い愛犬ムースと、のんびりライフを満喫中。