人間関係を断捨離する基準とは?効果的な方法を教えます!

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
ユウキです^^

  • 面倒な友達との関係を断ち切りたい!
  • ママ友と深入りしたくない!
  • 職場の人間と休日まで関わりたくない!
  • 親戚付き合いはもう嫌だ!
  • LINEのグループを抜けたい!
  • 人間関係を一度整理したい!

この中で、どれか一つでも当てはまることがあれば、人間関係の断捨離をおすすめします。
人間関係を断捨離することで、あなたにとって理想的な人とだけ関われるようになり、人付き合いのストレスも大幅に減ります。

私は断捨離をしまくった結果、電話帳には家族の連絡先しか入っていません!
(これは極端な例です。)
人間関係の断捨離を駆使している私が、断捨離の基準と効果的な方法をお教えします!

人間関係を断捨離する前にお読みください

最初に言っておきますが、私は昔から極端に人間関係を断捨離してきました。

「そこまで堂々と断捨離するの?」
「流石にそれはやりすぎじゃない?」
「お前は人間関係を一体何だと思っているんだ!」
みたいな、否定的な意見も出てくると思います。

そんな訳で、一応最初に謝っておきます。
もしも今回の記事を読んでもらって、気分を害した場合は申し訳ありません。
ブログを閉じてもらって構わないです。

学校でも職場でも、人間関係で悩んでいる人は多いと思います。
人の悩みのほぼ全てが、人間関係と言われているぐらいです。

それほど悩んで苦痛を感じるぐらいなら、割り切って人付き合いをした方が気楽ですし、人生を生きやすいのではないか?
それを伝えたくて記事を書きました。

一人の意見として、

あなた
こんな生き方をしている人もいるんだね。

と、参考にして頂けると嬉しく思います。

人間関係を断捨離する意味とは?

人間関係の断捨離をしたことのない人から、

女性
断捨離って、何の為にするんですか?

と質問されることがあります。

簡単に言えば、本当に大切な人だけに囲まれていたいからです。

  • 一度読んで満足した本を売る。
  • 古くなった服をリサイクルする。
  • 壊れてしまったスマホを捨てる。

物を処分することって日常的にありますよね?

私にとって人間関係の断捨離とは、自分に必要でない物を処分するのと同じです。

女性
な…なんて酷い言い方!

言葉だけ聞くと我ながら冷酷だと思いますが、まぁもう少しだけ聞いてください。

私は必要でないと判断したら、物も人も早い段階で断捨離します。
本当に必要だと思う物や、大切だと思う人にだけ囲まれていたいからです。

例えば、着なくなった服を、永遠とクローゼットにしまっておく人っていますよね。
私は着なくなった服はすぐに売ります。
気に入らない服を着てテンションを下げるよりも、気に入った服だけを着て楽しい気持ちでいたいからです。

また、白シャツが1枚クローゼットにある状態で、

ユウキ
お、この白シャツ気に入った!
買おう!

と、衝動買いすることもまずありません。

もしも購入する場合は、クローゼットの白シャツを1枚処分します。
そうしないと物がどんどん溢れてしまい、必要な物と必要でない物の区別がつきにくくなるからです。

人間関係もそれと同じです。
何も得ることのない人とダラダラ過ごしたり、好きでもない人とプライベートまで付き合ったり、馴れ合いだけの友達を作ろうとは思いません。

尊敬できる人や、好きな人とだけ付き合いたいです。
その為、年末に大掃除をするように、年に一度は人間関係を思いっきり断捨離します。

人間関係を断捨離する効果とは?

人間関係の断捨離をすることで、大切な人とだけ付き合えるようになります。
人付き合いが少なくなる分、人間関係によるストレスが大幅に減りましたし、自分と向き合える時間や、大切な人と過ごせる時間が増えました。

これが、人間関係の断捨離による大きなメリットだと思います。

一般的には、友達に多く囲まれていて、誰とでも分け隔てなく仲良くなれるような人を、理想的に思う方が多いかもしれません。
「友達100人できるかな」という歌があるように、「友達が多い」=「良いこと」だと、幼い頃から擦り込まれているからです。

私は、当たり障りのない100人の友達に囲まれるよりも、お互いに切磋琢磨できて、大切に思える人間が1人いる方が幸せです。
もちろん、人付き合いが大好きで、できるだけ人に囲まれていたいという方は、友達をたくさん作れば良いと思います。

私は友達がいなくても生きていけますし、愛する妻や家族がいれば、何も言うことはありません。
要は、その人の価値観の問題です。

賛否両論はあるでしょうが、これも一つの考え方だと思います。

人間関係を断捨離する基準と方法

それでは、人間関係の断捨離をしていきましょう。

人間関係を断捨離する基準

女性
人間関係は、何を基準に断捨離をするのですか?
ユウキ
下記の表に当てはめて考えてみましょう!
人との付き合い方のパターン

詳しくは次の記事で説明していますが、こちらでも簡単に説明させて頂きます。

人と関わらない生き方は幸せか?【自分らしく生きる方法】

A.自分の人生や目的を達成する為に有益であり、人として好き。
付き合うことであなたにメリットがあり、尚且つ内面的にも好きだと思える人です。
例:心から尊敬する先輩や、切磋琢磨できる仲間。

B.自分の人生や目的を達成する為に有益であり、人として嫌い。
付き合うことであなたにメリットはあるが、内面的には好きではないと思える人です。
例:仕事上のお客様や、取引先の社員さんなど。

C.自分の人生や目的を達成する為に有害であり、人として好き。
付き合うことであなたにメリットはないが、内面的には好きだと思える人です。
例:愚痴を言い合うだけの同僚や、飲み友達など。

D.自分の人生や目的を達成する為に有害であり、人として嫌い。
付き合うことであなたにメリットがなく、尚且つ内面的にも好きではないと思える人です。
例:文句を言うだけの上司や、性格の悪い近隣住民など。

結論を言いますと、Aの人たちだけを残して、B、C、Dの人たちは、断捨離することがほとんどです。

当然ですが、Aの人たちは残します。
自分を高めてくれる上に人としても好きであれば、一緒にいて有益な時間が過ごせるからです。

これも当然ですが、Dの人たちは即断捨離をします。
その人たちと過ごす時間が、勿体無いからです。
その時間で妻とデートをしたり、仕事をしたり、本を一冊読む方が有益な時間を過ごせると思っています。

問題なのは、BとCの人たちです。
Bの人たちも断捨離をすることが多いです。
ただしこれは、仕事や環境などによると思います。

私は一人経営ですし、仕事も一人で完結できるので、正直、付き合う人もお客さんも選べます。
どれだけ自分にメリットがある場合でも、明らかにマナーや礼儀がなっていないなど、人として好きでなければ付き合わないです。

どうしても付き合わなければならない場合は、仕事上だけにします。
プライベートで関わることはまずありません。

Cの人たちも、断捨離します。
先ほども言ったように、時間を有効に使いたいので、馴れ合いだけの友達とは関わりたくないです。

そもそもの話、自分を高めてくれない人で、内面的に好きになる人はほとんどいません。
私が内面的に好きになる人は、自分にはないものを持っていたり、人として尊敬できたり、学ぶことが多く、結果的に自分を高めてくれます。

人付き合いには相性の問題もあります。

男性
◯◯さんは、一緒にいて何となく楽しい気分になる!
男性
◯◯さんは、雰囲気が苦手で少し近寄りがたい!

あなたも、こんな風に判断することがあると思います。
これが相性です。

相手がどれだけ魅力的な性格だとしても、苦手に感じたり、好きになれないこともあると思います。
「全ての人と分け隔てなく仲良くなろう!」なんて、ストレスが溜まるだけなので、考えないで良いです。

恋愛においても、どれだけ自分に好意を持ってくれた異性がいても、その人を好きになるとは限りません。
それと同じで、相性が合う合わないは仕方ないです。

ポイント
「自分の人生や目的を達成する為に有益で、尚且つ人間的に好きな人」を残し、それ以外の人たちは断捨離をする。
(飽くまでも私の基準です。)

人間関係を断捨離する方法

女性
断捨離の基準はわかりました!
具体的には、どんな風に断捨離をするのでしょうか?
ユウキ
電話帳やLINEやSNSから削除して、こちらから連絡をしない!
これだけです。

相手から連絡があった場合は返事をします。
少し日にちを空けてから返事をしたり、毎回誘いを断っていれば、そのうち空気を読んで連絡が来なくなります。

週5で出勤していたアルバイトが徐々に出勤日数を減らしていき、気付いたら辞めていた…というイメージです。

男性
あれ、あのバイト君、
いつの間にか辞めてる…。

「もうこの人とは二度と会いたくない!」というレベルで嫌いな相手でしたら、着信拒否やLINEのブロックをします。

もう二度と会うことはないでしょうから、相手からどう思われようが関係ありません。
その人に時間を使うのは勿体ないです。

LINEのグループも、何も言わずに即抜けます。
いちいち断ってから抜けたことは一度もありません。

もしも何も言わずに抜けるのが気まずい場合は、

ユウキ
ちょっと今、仕事が忙しくて集中したいから、LINEを辞めることにしたんだ。

とか、テキトーなことを言えば良いです。

LINEをやるやらないはあなたの自由なので、気にすることはありません。
あなたのことを大切に思っているようでしたら、尊重してくれるでしょうし、文句を言ってくるようでしたら、むしろ離れて正解だと思います。

私は一度に関われる人数には限りがあると思っています。
テレビゲームのソフトを1,000本持っていたとして、1年間で全てプレイするのは相当大変ですよね?

人間関係も1,000人の知り合いがいたとして、1年間でその全員と関わることはまず無理でしょう。
広く浅い人間関係を築くのでしたら、狭く深い人間関係を築いた方が良いと思います。

仮に断捨離をしても、縁があればまた会えます。
もう二度と会うことがなければ、その人たちとは縁がなかったというだけの話です。

人間関係を断捨離できる理由とは?

私が人間関係を思い切り断捨離できる理由は、人を信用しても信頼することがないからです。

補足
信用とは、過去の実績により相手を信じること。
信頼とは、未来に期待して相手を信じること。
ざっくり言うと、この違いです。

例えば、私は仕事で外注さんを雇うことがあります。

ユウキ
この外注さんなら、きっと良い仕事をしてくれるだろう!

なんて期待は、抱きません。

仕事をしやすいような環境は整えますが、外注さんが良い仕事をしてくれるかどうかは、外注さんの問題です。
私が外注さんに期待したところで、結果は何も変わりません。

仕事はできないで当たり前。
良い仕事をしてくれる人だったらラッキー。

期待して裏切られた場合はガッカリしますが、期待しないで結果を出してくれた場合は嬉しいです。
その方が、外注さんもプレッシャーを感じないで済みます。

ポイント
予め期待値を下げておけば、起こることの全てがプラスになる。

1年間に渡って誠実に仕事をしてくれたとしても、いきなり音信不通になる可能性は0ではないです。

人は現段階で信用に値する人物だったとしても、未来も同じように信頼できる人物とは限りません。
頭の中で何を考えているのかもわかりませんし、どんな行動をとるかも本人しか予想できないからです。
だから私は、他人に期待をしません。

  • 信用を失うことをやらかした
  • 人として好きになれない
  • 自分の人生には必要ではない

そういう場合は、堂々と断捨離します。

私が期待をしているのは、自分だけです。
人は裏切ることがあっても、自分は裏切りません。
家族のことは愛していますが、期待はしないです。

信用しても信頼はしない。
これが私の人と付き合う時の考え方です。
この記事を書きながらも、自分はめちゃくちゃ捻くれた人間だなと、ひしひしと感じてきました 笑

ただ、どれだけ人付き合いが嫌いだとしても、「相手を思いやる気持ち」を持つことは大切です。

人を信頼しないと言うと、冷たいイメージを持たれたかもしれません。
しかし、人を信頼しないことと思いやりの気持ちを持たないことは、意味が違います。

私はその場限りの付き合いの人間だとしても、一緒にいる以上は、相手の立場で物事を考えるように心がけています。

夫婦円満の秘訣とは何か?30代の既婚者が思うこと。

人間関係を円滑にする恩師から言われた言葉

私は人間関係の断捨離をしてきて、罪悪感を感じることが多々ありました。
お世話になった方々に恩返しができていないからです。

学生時代、多くの友人や先生にお世話になりましたが、独立してからはほとんど会っていません。
会社員時代、多くの同僚や上司にお世話になりましたが、退職後から全く連絡をとっていません。
独立後、多くのビジネス仲間や先輩にお世話になりましたが、今も付き合っている人たちは1割もいません。

多くの方々にお世話になってきたのに、その人たちに対して全く恩返しができていません。
昔から人間関係を断捨離することが多く、恩を受けるだけの状態で人付き合いを辞めています。
そんな時に、今も付き合いがあり、お世話になっている経営者の先輩から言われました。

先輩
ユウ君は私に恩義を感じているようだけど、私に恩返しをしようなんて考えなくて良いからね。
私は自分が正しいと思う人生を送っているだけだし、ユウ君からの恩返しなんて何も望んでいないよ。
本気で恩返しをしたいと思っているなら、ユウくんの周りにいる人たちや、これから出会う人たちに親切にしてあげてね。

先輩の言っていることは次の通りです。

恩返し

先輩から親切にしてもらった恩を先輩に返した場合、先輩と私の間でやり取りが行われるだけです。

先輩から親切にしてもらった分、私の周りにいる人たちに親切にしてあげる。
私から親切にしてもらった人たちもまた、自分の周りにいる人たちに親切にしてあげる。
こうすることで、人の真心が永遠と広がっていきます。

もちろん、「お世話になった人たちに対して恩返しをするな!」と言っている訳ではありません。
恩返しができるならば、当然した方が良いです。

しかし、恩返しは捉え方を変えると、「自分の肩の荷を下ろしてスッキリしたい」という身勝手な気持ちとも言えます。

昔、道端で倒れているお婆さんを介抱して、救急車を呼んだことがありました。
お婆さんは私に恩義を感じているかもしれませんが、私は人として当たり前のことを勝手にしただけです。
お婆さんからの恩返しなんて一切期待していません。

この記事を書くまで、その記憶すら忘れていました。
家にお礼に来られたとしても、正直迷惑に思います。

そもそもの話、恩を受けた人全員に恩返しをするのはまず不可能な話です。
学生時代にお世話になった先生なんて、今どこで何をしているかは知りません。
連絡先も知らないので、連絡の取りようがないです。

恩返しは気持ちの問題です。
親切にしてもらった本人に、迷惑にならない恩返しができるのであれば、当然した方が良いとは思います。

ただ、本当に理想的な恩返しとは、あなたが人から親切にしてもらった分、周りにいる人たちや、これから出会う人たちに、親切にしてあげることなんじゃないかと思います。

私はこれまでの人生、多くの方々から支えられて生きてきました。
その人たちがいてくれたおかげで、今こうして執筆活動ができています。

私と関わってくれた人の人生に、少しでもプラスになったり、気づきになるような情報を発信する。
それが、これまでお世話になった方々に対する、私なりの本当の意味での恩返しだと思っています。

ポイント
人から親切にしてもらったら、その分、周りの人に親切する。
それが、本当の意味での恩返しだと思います。

人間関係を断捨離する基準や方法まとめ

今回の記事は、「人付き合いは最小限に抑えるべき!」「人間なんて簡単に信頼すべきではない!」ということを伝えたい訳ではありません。

本当に大切だと思える人だけを大切にしていれば、人は幸せになれる。
それを伝えたくて、断捨離をおすすめさせて頂きました。

どうしても苦手な人物がいたとしても、その人と一生付き合うことはあり得ません。
いつか別れる日が来ます。

学生時代の人間関係なんて、たまたま同じ学校に入学して、たまたま同じクラスに放り込まれただけです。
卒業したら顔を合わせる必要はありません。
今も付き合っている友達は一人もいないです。

職場の人間関係にしても、たまたま同じ会社に就職して、たまたま同じ部署に配属されただけです。
部署変更か退職したら顔を合わせる必要はありません。
今も付き合っている同僚は一人もいないです。

今も唯一付き合いがあるのは、独立後に出会った、わずか数名の仲間だけです。
それ以外の人間関係は、ほぼ断捨離しました。
というよりも、自然消滅しました 笑

人生は長いです。
今の人間関係が辛かったとしても、場面が変われば付き合う人も大きく変わります。

私のように徹底的に人間関係の断捨離をするのは、難しいかもしれません。
極端な意見ではありますが、「こんな人間でも生きていけるんだ」と、一つの意見や生き方として、参考にしてもらえると嬉しいです。

追伸1.理想の人生を明確化して実現させるWeb戦略を、無料のオンライン講座でお伝えしています。登録者限定の動画講座や会員サイトを、今だけ特別にプレゼント中です。

追伸2.オンライン講座のLINE版も公開しています。LINE版限定のプレゼントも用意しているので、ぜひゲットしてください。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。
最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

ABOUT US

株式会社GREEN代表取締役
起業7年目(法人3期目)の32歳。心理セラピストの資格を持つ、現役のWebマーケター。ブログ月間最高アクセス数:110万pv(2サイト)/メールマガジン登録者さん:4,059名/LINE公式アカウント登録者さん:1,725名(3アカウント)。「人生を豊かにする為のWebマーケティング戦略」を発信している。重度の筋トレ&ドラクエオタク。趣味は妻と愛犬と戯れること。