ステップメールの教育方法!成約率34%を達成した秘密とは?

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
ユウキです^^

今回はステップメールの教育方法というタイトルですが、ステップメールに関わらず、セールス全般に通用する教育の話をさせて頂きます。

  • ブログやメルマガの売り上げが伸び悩んでいる。
  • ステップメールの成約率が10%すら届かない。
  • これからステップメールに取り組んでみたい。

そんな場合は、記事を最後までご覧ください。

教育のやり方をマスターすれば、人の心理を自由自在に操れるようになります。
「あなたから商品を買いたくて仕方ないです!」と思ってくれるお客さんも増える為、商品を販売した時の成約率も爆発的にアップします。

ステップメールの成約率34%を達成した、ブログやメルマガの教育テクニックを全て公開しました。
ぜひ、参考にしてみてください。

ステップメールの実績

私は2014年に独立をしてから、ブログやメルマガで情報発信を続けてきました。
ステップメールに取り組み始めたのは2015年です。

これは2015年〜2017年にかけてメインで運営していたメルマガです。

ステップメールの売り上げ

メルマガ登録者1,174人のうち、145人がステップメールから商品を購入してくれました。
成約率は約12%ですね。

2018年〜2019年には、個人事業主や法人向けのメルマガを配信していました。

メルマガ登録者1,666のうち、451人がステップメールから商品を購入してくれました。
成約率は25%を超えています。

一番売り上げが良かった時の成約率は、約34%という驚異の数値を誇っていました。
単純計算で、100人のメルマガ読者さんがいた場合、34人が商品を購入してくれます。
この成約率はあり得ないです。

月に300人を集客して、成約率が34%の20,000円の商品を販売した場合、「300(集客数)×20,000(価格)×0.34(成約率)=204万(売上)」となるので、月の売り上げは200万円を超えます。

私の事業は人は雇っていないで、経費はほぼ掛かっていません。
正直、メルマガの売り上げだけで会社を維持できます 笑

ちなみに、一般的なステップメールの成約率は次の通りです。
(飽くまでも目安だと思ってください。)

チェック
5%:合格
10%:上出来
15%:高い
20%:かなり高い
25%:めちゃくちゃ高い

一般的には5〜15%で合格と言われているので、成約率34%は普通では考えられません。

女性
なぜここまで高い成約率を叩き出しているのですか?

それは、教育のやり方に秘密があります。
私が高い成約率を叩き出す為に実際に行なっている方法を、今回は包み隠さず公開させて頂きます。

ステップメールとは何か?

ステップメールとは、あなたのメルマガに登録してくれた読者さんに、毎日自動でメールが流れる仕組みです。
LINEステップ配信という、ステップメールのLINE版もあります。

事前に作っておいたメールやLINEが、登録日から順番に流れていきます。
つまり、メールやLINEで自動でお客さんを教育できて、尚且つ自動で商品を販売できます。

7通目で商品を販売する流れは、次の通りです。

ステップメールとステップLINEの仕組み

メルマガやLINE公式アカウント登録者に毎日メールやLINEが流れ、7通目で商品が販売されます。

これが、ステップメールやLINEステップ配信の自動化戦略です。
仕組みさえ作っておけば、毎月自動化で数十万円、数百万円という大きな売り上げを叩き出せます。

ブログやYoutubeなどのWebメディアから、メールアドレスやLINEのリストを取得。

ダイレクトレスポンスメーケティングの流れ

後はステップメールやLINEステップ配信が、お客さんを自動で教育して、自動で商品販売をしてくれます。

上手く活用すれば、事業の売り上げを大幅にアップできます。

ステップメール(セールス)における教育とは何か?

教育のテクニックをする前に、まずはステップメール(セールス)における、教育の定義を説明します。

教育と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか?
恐らく一般的には次のようなイメージを持つと思います。

  • 育児教育
  • 生徒教育
  • 社員教育

しかし、教育とは自宅や学校や職場だけで行われるものではありません。
ビジネスにおいて、お客さんに商品を販売する際に教育することもあります。

ステップメールやセールスにおける教育とは、【現在のお客さんの価値観】を【理想のお客さんの価値観】へ変えることです。

これ、めちゃくちゃ大事なことです。
ぶっちゃけ、今日の内容を全部忘れても構いませんが、これだけは覚えてください。
もう一度言います。

ステップメールやセールスにおける教育とは、【現在のお客さんの状態(価値観)】を【理想のお客さんの状態(価値観)】へ変えることです。

例えば、あなたの職業がダンスのコーチだとしましょう。
ダンス教室を開いており、ブログで情報発信をしています。
その時、ダンスを覚えたいと思っている男性が、ブログにアクセスをしてきました。

男性
ダンスを身に付けたいと思って色々調べていたら、ダンス教室のブログに辿り着いたぞ!

初めてブログにアクセスをした時の彼は、もしかしたらこんな状態かもしれません。

現在の状態
  • あなたのことをまだ信用していない
  • ダンスを覚えるのは独学で十分だと思っている。
  • ダンスを覚えるのにお金を一切掛けたくない。
  • ダンスを覚えるのには時間が掛かると思っている。
  • ダンスを覚えられる自信がない。

あなたのことを信用していなかったり、お金をかけずにダンスを覚えたいと思っている状態では、ダンス教室に入ってくれないでしょう。
それでは、どんな状態のお客さんであれば、あなたのダンス教室に入ってくれるでしょうか?

理想の状態
  • あなたを信用している。
  • ダンスを覚えるにはコーチが必要だと思っている。
  • お金を払ってもダンスを覚えたいと思っている。
  • 効率的にダンスを覚えられる方法があると思っている。
  • ダンスを覚えられる自信がある。

まず大前提として、あなたのことを信用している。
そして効率的にダンスを身に付けられるのであれば、多少お金を払っても構わないと考えている。
そんな状態のお客さんであれば、ダンス教室に入ってくれる可能性は高まるでしょう。

このように、商品を購入してくれる可能性の低い【現在のお客さんの状態(価値観)】を、商品を購入してくれる可能性の高い【理想のお客さんの状態(価値観)】へ変えることが、ステップメールやセールスにおける教育の目的です。
お客さんを教育することで、商品が圧倒的に売れやすくなります。

【現在の状態】を【理想の状態】へ変えるのは、どんな教育にも共通しています。

母親が子どもに、「人の気持ちが理解できる優しい子に育って欲しい!」と思っている場合は、

母親
困っている人がいたら助けてあげましょうね!

と、教育するかもしれません。
【現在の子】を【理想の子】へ変える為です。

上司が部下に、「リーダーシップのある社員に育って欲しい!」と思っている場合は、

男性
周りの意見によく耳を傾けること!

と、教育するかもしれません。
【現在の部下】を【理想の部下】へ変える為です。

ユウキ
【現在の状態】を【理想の状態】へ変えることが教育です!
ここがわかってくると、お客さんを教育するのが面白くなってきます 笑

ステップメールで成約率34%を叩き出した教育テクニックとは?

それでは、ここから具体的な教育方法をお話ししていきます。
最初にも言ったように、これはステップメールに限らず、ブログ・SNS・Youtube・LINE公式アカウントなど、あらゆる媒体に通用するので、ぜひ参考にしてください。

まずはターゲットを明確にする

教育の内容は、あなたが販売する商品や、どんなお客さんをターゲットにするかで変わります。
同じ「ダンス教室」を販売する場合でも、初心者をターゲットに販売する場合と、経験者をターゲットに販売する場合では、【現在のお客さんの状態】は違います。

初心者のAさんは、何から始めれば良いのかわからない状態。
経験者のBさんは、ダンスを上達させたいと思っている状態。
こんなAさんやBさんに対して、ブログやメルマガで次のような教育したとしましょう。

多くの人はダンスを覚えようとする際、まずは何から始めれば良いのかわかりません。
一番大事なことは、基礎を身に付けることです!
Aさん
なるほど!
まずは基礎が大事なのか!

Aさんは納得するかもしれませんが、

Bさん
そんなこと知っているよ!
具体的なテクニックを教えて!

Bさんはもっとレベルの高い話を期待するかもしれません。

その為、まずは集客するターゲットを明確にしましょう。
そしてターゲットのお客さんたちが、何に悩んでいて、どんな状態にあるのかを分析し、書き出してください。
そこから、理想のお客さんへと変化するように教育します。

ポイント
まずは集客するターゲットを明確にすること!
お客さんの状態を分析してから、理想のお客さんへと教育します。

3つのNOTを理解しておく

次に理解しておくのが、教育をする上で突破しなければならない【3つのNOT】です。

チェック
  1. 読まない
  2. 信じない
  3. 行動しない

あなたがどれだけ一生懸命ブログやメルマガを書いても、残念ながらほとんどの方は読んでくれません。
内容を信じてくれなければ、行動もしてくれないです。

女性
それじゃあ、そうしたら良いの?

この3つのNotを突破する為に必要なのが、次の6つの教育です。

6つの教育を取り入れる

次の6つの教育を取り入れることで【3つのNOT】の壁を突破できて、商品が圧倒的に売れやすくなります。

チェック
  1. 目的の教育
  2. 信用の教育
  3. 問題点の教育
  4. 手段の教育
  5. 投資の教育
  6. 行動の教育

ダンス教室をメルマガで販売するのを例に、6つの教育を見ていきましょう!

1.目的の教育

目的の教育は、ゴールを提示することです。
例えば、下記のような形でゴールを明確にしておきます。

メルマガの目的
ダンスを上達させて、人前で堂々と披露できるようになる!

ここでポイントなのは、「ダンスを上達させる」だけではなく、「人前で堂々と披露する」というように、一歩踏み込んだ未来を見せてあげることです。

ダンスの上達は手段であって目的ではありません。
「人前で堂々と披露したいから!」「異性にモテたいから!」「ダンスパーティで恥をかきたくないから!」
ダンスを上達させた先に、目的があります。

販売者
ダンスを上達させることで、人前で堂々と披露できたり、異性にモテたり、あなたの理想の未来が手に入ります!

ここまで明確な未来を見せてあげることで、「何としてもダンスを上達させたい!」とイメージが膨らみます。
人間は忘れっぽい生き物なので、目的の教育は定期的に行いましょう。

2.信用の教育

販売する商品の質がどれだけ高くても、あなたが信用されなくては購入してくれません。
そのために必要なのが、信用の教育です。
まずはあなたの【実績】を公開してください。

次のAさんとBさんであれば、どちらが信用できますか?

Aさん
10年間ダンスコーチを務めて、コンサートでも優勝しました!
Bさん
趣味でダンスを教えています!

当然、実績のあるAさんの方が信用できますよね。
お客さんからの信用を得るためにも、実績の公開は早い段階から行ってください。

信頼関係を築くためにもう一つ大事なことがあります。
次の関連記事に詳しくまとめていますが、理念や信念を語ることです。

情報発信ビジネスのやり方とは?【始め方や仕組みをプロが解説】

ただ何となく情報を発信している人と、明確な理念や信念を持って情報を発信をしている人とでは、信頼の度合いが全く違ってきます。
何の為にそのビジネスを行っているかを明確にして、発信するようにしましょう。

3.問題点の教育

問題点の教育とは、お客さんが理想の未来を手に入れるためには、
何が障害となっているのかを理解してもらうことです。

ダンスを上達させる為に、大きな壁があります。
模範となる人がいないことです。
独学で学ぶと軌道修正をしてくれる人がいないので、間違ったフォームのままダンスを続けることになります…。
男性
模範となる人がいれば、効率よくダンスが上達できるんだな!

お客さんは何が問題かわかっていない場合が多いので、問題点を明確にして伝えてあげてください。
「問題点を解決して、一緒にゴールを目指しましょう!」という流れを作ることで、お客さんとの距離感を縮められます。

4.手段の教育

問題点を伝えたら、その問題点を解決する為の手段を伝えてください。
模範となる人からダンスを学ぶ場合、次のような手段があります。

チェック
  • ダンス教室
  • マンツーマン指導
  • 動画教材

その手段の中でも、ダンス教室が最適な理由をお客さんに伝えてください。

マンツーマン指導だと費用が高額になりがちですし、動画教材だと動画を見ながら独学で進めることになります。
ダンス教室は、先生から直接指導を受けられて費用も安いです。

仲間と一緒にダンスを学べるのも楽しいと思います。
一人の場合はモチベーションが保てないかもしれませんが、切磋琢磨できる仲間がいるのは心強いですよ!

「あなたの問題を解決するにはこの手段が一番です!」という明確な理由を伝えることで、お客さんはその手段(商品)が、理想的だと考えるようになります。

5.投資の教育

世の中には投資意識の低い人が圧倒的に多いです。
できるだけお金をかけずに問題を解決したいと思っています。
投資意識がないと、どれだけ良い商品でも購入をためらう可能性があります。
この意識を変え、投資の重要性を理解させることが投資の教育です。

お金を一切掛けずに、独学でダンスを学ぶのは時間と労力が掛かります。
万が一トレーニングの方向性を間違えた場合、修正してくれる人もいません。
そのぶん、かなりのタイムロスになってしまいます。

ダンスを上達させたいと思っている、AさんとBさんの2人を例に考えてみましょう。
独学のAさんは、毎日自宅で踊っているだけ。
それに対してBさんはダンス教室に通っています。
週に2回、プロの方から直接指導してもらいます。

AさんとBさん、どちらが早くダンスが上達するでしょうか?
答えはBさんです。
練習時間は短くても、Bさんの方が早く上達します。
それは、プロに指導してもらっているからです。

質も高く効率も良いので、圧倒的な速さで結果がでます。
何に対しても言えることですが、効率よく成果を上げたいのであれば、多少お金を払ってでも、誰かの元で直接指導を受けるのがおすすめです。

「効率よく結果を出すには投資が必要である」
これが世の中の仕組みです。
どんな商品やサービスであっても、投資意識がない人は購入してくれる可能性が低いです。
その為にも、投資の教育は必ず行いましょう。

6.行動の教育

人間は怠け者です。
どれだけ重要なことを書いても、お客さんはまず行動してくれないと思ってください。

ひよこ君
良い情報を聞いたけど、面倒だから今度やろう!

商品を販売する以上は、お客さんに「商品購入」という行動をしてもらいます。
そのためにも必要なのが、行動の教育です。
例えば、次の2つは行動を促す王道テクニックです。

チェック
  1. 行動することで、得られる未来を伝える。
  2. 行動しないことで、失う未来を伝える。

行動して得られる未来を見せるのであれば…

販売者
ダンス教室に入ることで、効率良く基礎スキルが身に付きます!
人前で堂々と披露できるようになるのは、3ヶ月もあれば十分です。
ステージ上でもらう拍手喝采は本当に感動しますよ!

行動しないで失う未来を見せるのであれば…

販売者
このまま独学を貫く場合、どうしても上達スピードが遅くなります。
本来は3ヶ月で到達できる状態に、1年という長い時間がかかるかもしれません。
そうなると、9ヶ月という膨大な時間を余分に使うことになります。

このように「プラスの未来を想像させる」、もしくは「マイナスの未来を想像させること」で、お客さんの行動意欲を掻き立てられます。

ステップ記事を活用する

ステップメールだけではなく、ブログの「ステップ記事」も取り入れることで、ステップメールの成約率が跳ね上がります。

ステップ記事とは、記事から記事へと内部リンクを貼り、アクセスを送ることです。
(私が勝手に命名した手法)

ブログでの教育方法

例えば、「ダンスを始めるにはまず何をすべき?初心者に向けて解説します!」というようなタイトルで、記事を書いたとしましょう。
ダンスを身に付けたい初心者の方が、記事を読んでくれます。

せっかく記事にアクセスをしてくれても、1記事だけ読んでブログを閉じてしまう可能性は高いです。
そこで次に読んで欲しい記事へ、内部リンクを送ります。

ダンスを始める際にすべきことがわかったら、次は効率良くダンススキルを身に付ける方法を解説します。
こちらの記事にまとめたので、ぜひ参考にしてください。
関連記事:ダンスを効率良く身に付けるには?おすすめの方法まとめ!

多くの人はダンスを独学で学ぼうとします。
しかし、短期間でダンスを上達させたいなら、ダンスを習う環境にお金をかけてください。
効率的に成績を上げたい学生が塾へ通うのと同じように、ダンス教室へ通うことで効率的にスキルが身に付きます。 

ダンス教室であれば、仲間も増えるので楽しいですよ!

男性
なるほど。
独学でダンスを練習するつもりだったけど、ダンス教室で直接指導を受けた方が効率は良いかもな!

ブログにお客さんを教育する記事を書いておけば、アクセスしてくれた人が勝手に読んでくれます。
更に内部リンクを張ることで、複数の記事を読んでもらえる可能性が高くなり、お客さんは自動で教育されます。

当然ですが、リストを取得する為にも、記事の最後にはメルマガへの誘導も忘れないでください。

ブログからメルマガへの誘導

ブログから商品を買ってくれなかった場合も、メルマガに登録してもらえれば、ステップメールで教育しながら、再度セールスをかけられます。

ユウキ
ブログをしっかり読んでくれた方は、ある程度の教育ができているので、メルマガでの成約率が跳ね上がります。

ステップメールのテンプレートを公開

女性
具体的には、ステップメールは何通ぐらい配信すれば良いの?

と聞かれることがありますが、これに関しては明確な答えはありません。
あまりに短すぎると信頼関係が築けませんし、長すぎるとお客さんが離れる可能性があります。

短い時間でも信頼関係が築けていれば、販売はできます。
信頼関係を築くまでに時間が掛かると思った場合は、長い時間をかけても構いません。

内容によっても違ってきますが、初心者の方は7〜10通ぐらいを目安にすると良いです。
7〜10通もあれば、6つの教育は全て行えますし、割と簡単に仕組みが作れると思います。

最後に、ステップメールの教育テンプレートを公開します。
ステップメールに限らず、「ブログのステップ記事」や「LINE公式アカウントのLINEステップ配信」にも通用するテンプレートです。

ステップメールのテンプレート

「ステップメール」「ステップ記事」「LINEステップ配信」に絶対的な正解はありませんが、6つの教育を取り入れてからは成約率が爆発的に伸びました。
この流れに沿って作ってもらえれば、最低限の成約率は維持できると思います。

ユウキ
まずはテンプレートを参考にしながら、ライティングスキルやセールススキルを上達させていきましょう!

ステップメールの教育方法まとめ

ステップメールやセールスにおける教育とは、【現在のお客さんの状態(価値観)】を【理想のお客さんの状態(価値観9】へ変えることです。
教育を行うと商品を購入してくれる可能性が上がるので、売り上げアップに繋がります。

次の6つの教育を駆使しながら、理想のお客さんへ変えていきましょう!

チェック
  1. 目的の教育
  2. 信用の教育
  3. 問題点の教育
  4. 手段の教育
  5. 投資の教育
  6. 行動の教育

ここがわかってくると、教育がめちゃくちゃ楽しくなってきます!
お子さんや部下を育てる際にも、ぜひ活用してみてください 笑

追伸1.理想の人生を明確化して実現させるWeb戦略を、無料のオンライン講座でお伝えしています。登録者限定の動画講座や会員サイトを、今だけ特別にプレゼント中です。

追伸2.オンライン講座のLINE版も公開しています。LINE版限定のプレゼントも用意しているので、ぜひゲットしてください。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。
最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

ABOUT US

株式会社GREEN代表取締役
起業7年目(法人3期目)の32歳。心理セラピストの資格を持つ、現役のWebマーケター。ブログ月間最高アクセス数:110万pv(2サイト)/メールマガジン登録者さん:4,059名/LINE公式アカウント登録者さん:1,725名(3アカウント)。「人生を豊かにする為のWebマーケティング戦略」を発信している。重度の筋トレ&ドラクエオタク。趣味は妻と愛犬と戯れること。