フルマラソンへの挑戦第4話〜緊急トラブル発生!の巻〜

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に執筆活動をしている、マイライフクリエイターのユウキです。

これまで順調に練習が進んでいたのですが、何と今回は緊急トラブルが発生しました。
肋骨の骨折です。

厳密に言えば前回の時点で骨が折れていたのですが、気が付かないで筋トレや練習を繰り返していました…。

果たして肋骨が骨折した状態で、フルマラソンを完走できるのか?

〜2019年10月6日の記録〜

前回のあらすじとスケジュール

前回はお風呂で大転倒をしたことにより、肋骨にダメージを負いました 笑
アップルウォッチシーズン5という相棒も手に入れ、練習にも拍車がかかります。

フルマラソンへの挑戦第3話〜アップルウォッチ大活躍!の巻〜

今回の練習は、次の通りです。

スケジュール
9月24日 ランニング練習12日目
9月27日 ランニング練習13日目
9月30日 ランニング練習14日目
10月4日 ランニング練習15日目

9月24日〜ランニング練習12日目〜

ホテルの風呂桶に肋骨を打ち付けて2週間。
未だに左の肋骨の鈍痛が続いております。

この日を含めて2回病院に行ったのですが、整形外科が混みすぎて受付がストップしていました。

ユウキ
まぁ鈍痛が続いているだけだし、結局はただの打撲だろうな。

そんな風に自分に言い聞かせ、この日は14キロほどランニングをすることに。

ランニングデータ

私だけかもしれませんが、何度か練習をして思いました。

走る距離を小分けにして考えると、気持ち的にだいぶ楽になります。

例えば、20キロのランニングをする場合。
4キロ到達した時点で、

ユウキ
よしっ!残り16キロだ!

と考えるよりも、

ユウキ
よしっ!残り4セットだ!

と考える方が、楽に思えるという意味です。

単純に16よりも4の方が数字が少なくなるので、脳が簡単に到達できると錯覚するのかもしれません。
走る距離自体は全く変わってはいませんが、多少なりとも気持ちが楽になります。
長距離を走る場合にはぜひともお試しあれ!

ポイント
走る距離を小分けにして考えると、気持ち的には多少楽になります!

9月27日〜ランニング練習13日目〜

私はジムでフリーウェイトをする日と、外でランニングする人を分けています。
ジムに向かってフリーウェイトをこなす。
終わった後は外に出てランニングをする。
それだと体力を消耗しますし、時間も掛かります。

この日は珍しく同時にこなしましたが、体力的には余裕でした。
ランニングを繰り返したことで、体力が向上したのかもしれません。
ただ、肋骨の痛みもあったので、ランニングの距離は約10キロと少なめにしました。

ランニングデータ

これもまた何度か練習して気付いたことですが、無感情になっている時が一番楽に走れます。

ランニング経験者はわかるかもしれませんが、一定期間ひたすら走り続けていると、ほんの少しの間、無の境地に達する時があります 笑
(私だけかもしれないです。)

この期間はぼーっとしている状態なので、体の痛みや辛さを感じません。

先日、スポーツショップの店員さんから、

男性
長距離を走り続ける為に一番効果的なのは、前に走っているランナーの踵を見ることだよ!

とアドバイスをもらいました。

目の前のランナーの踵を見続けていると、「トン…トン…トン…トン…トン…トン…」という単調な動きと足音に目と耳が奪われるので、催眠術にかかった状態に陥りやすくなるそうです。

昔見たテレビ番組で、催眠術師がメトロノームや振り子を使い、目の前の人を催眠状態にしていましたが、恐らくそれと同じような原理だと思います。
ぼーっとした状態で走っていると「キツイ」「苦しい」などの感情がないので、気持ち的にはかなり楽です。

走るのが辛くなってきたら、自分の足音に耳を傾けたり、一点を集中して見続けたり、気を紛らわせるようにしています。
これが更に深くなった状態が、ランナーズハイやゾーンなのかもしれませんね。

9月30日〜ランニング練習14日目〜

風呂桶に肋骨打ち付け事件から早20日。
起き上がった時や大きく息を吸い込んだ時、ベンチプレスを上げる時や長距離を走った時、ちょっとした時に肋骨が痛みます。

日常生活を送る上で気になりませんが、約1ヶ月後にフルマラソンの大会を控えています。
さすがに心配なので、病院で診てもらうことにしました。
受付開始と同時に行くことで、ようやく当日予約が取れました。

先生
なるほど。
その感じですと、恐らく折れてはいないと思いますよ。
ユウキ
本当ですか!
良かった!
先生
仮に肋骨が一本折れていたとしても、放っておくしか治療法がありません。
痛み止めは痛みを止めるだけですし、湿布を貼っても効果はほとんどないです。
ユウキ
なるほど…。
それじゃあこのまま放っておきます。
先生
せっかく来て頂いたので、念の為にレントゲンを撮っておきましょう。
ユウキ
はい。よろしくお願いします。

30分後…。

先生
折れていますね。
ユウキ
えぇ!!
マジですか!!

昔、ナインティナインが司会を務める、ASAYANというバラエティ番組がありました。
「モーニング娘。」を輩出したテレビ番組です。

ASAYANの生放送中に岡村さんが転倒して、腕を骨折した放送事故がありました。
その時の岡村さんの表情と冷や汗を見て、骨折は尋常じゃない痛みだと思いました。

それがまさか、これほど地味な痛みだとは…。
余裕で我慢できる程度だったので、ただの打撲か、最悪ヒビ程度だと思っていました。
(人や部位によって全く違うそうです。)

ここ3週間ほど、べンチプレスを上げる際に力が入らず、重量と回数が落ちていました。
今にして思えば、骨折が原因だったのですね。

先生
肋骨が何本も同時に折れて、肺に刺さりそうな場合は入院が必要です。
ただ、一本折れているだけなので、放っておくしか治療法がありません。
既に3週間が経過しているので、後2週間も経てば楽になってくると思います。
ユウキ
骨折中もベンチプレスを上げていましたし、フルマラソンに向けて走り込みもしてきました。
今まで通り練習しても大丈夫ですか?
というか、フルマラソン出ても良いですか?
先生
筋トレも走り込みも特に問題はありません。
ただ、やはり体に負担が掛かるので、無理をすればそれだけ完治は遅くなります。
フルマラソンは辛いかもしれませんが、出場しても問題はありませんよ。

運が良いことに既に3週間も経っていますし、フルマラソン当日まで1ヶ月弱の期間があります。
お医者さん曰く、安静にしていれば後3週間ほどで、だいぶ楽になるだろうとのことでした。

肋骨の状態が良くなるまでは、ウェイトトレーニングの重量を下げたり、ランニングの距離を少なめにして、練習を続けることにします。
そんな訳でこの日は練習量を少なくして、12キロのランニングです。

ランニングデータ

意外と痛みはありませんでした。

10月4日〜ランニング練習15日目〜

調子も良くなってきたので、この日は15キロのランニングをしました。

ランニングデータ

最初のうちは何ともありませんが、長距離を走り胸の鼓動が早くなると同時に、少しずつ肋骨も痛んできます。

痛み自体は以前に比べてだいぶ引いたので、フルマラソン当日までには何とかなりそうです。
先ほど、一番楽に走り続けるには、プラスやマイナスの言葉を一切考えない、無感情でいる時だと言いました。

ただ、骨折を知ってしまったが為に、

ユウキ
肋骨が痛んできたなぁ…。
後5キロも走るの辛いなぁ…。

と、余計な雑念が湧いてしまいます。
その雑念を追い払うかのように、

ユウキ
いやいや、後5キロぐらい楽勝だぜ!
フルマラソンなんて余裕で完走できる!

と、自分自身に言い聞かせています。

しかし、自分にプラスの言葉をかけている時は、裏を返せば同時にマイナスな言葉も湧いている状態です。
これはランニングに限ったことではありません。

恐らく、本気で自分に自信を持っている人は、

ユウキ
俺はできる人間だ!
絶対に上手くいくに決まっている!

と、わざわざ口に出さないで、

ユウキ
まぁ何とかなるっしょ。

と、無意識に思っています。

自分に自信が無かったり、マイナスな言葉を思い浮かべてしまうからこそ、その気持ちを打ち消す為に、無理やりプラスの言葉を投げかける訳です。

そうやって考えると、やはり無感情で走り続けるのが、一番楽な状態だと思います。

最強:無感情で走る!
普通:プラスの言葉をかけて走る!
苦痛:マイナスの言葉をかけて走る!

一応言っておきますと、「プラスの言葉を投げかけるな!」と言っている訳ではありません。
ランニングに限らず、できるだけプラスの言葉を投げかけた方が、気持ち的には楽になると思います。

人間は無意識のうちに、マイナスな言葉を思い浮かべがちです。
言ってしまえば、脳の癖です。

例えば、あなたはペンを持つ時、右手と左手のどちらで持つでしょうか?
ほぼ100%の確率で利き腕で持つと思います。
これも無意識で行っている、脳の癖です。

この癖を矯正するには、意識的に利き手と逆の手でペンを持ち、ひたすら書き続けるしかありません。
それを繰り返して習慣化させることで、無意識に利き手と反対の手でペンを持てるようになります。

習慣を変えるには期間はどのぐらい必要か?実際に試してみた!

辛い時にマイナスな言葉をかけてしまうのも同じで、意識的にプラスの言葉を投げかけ続ければ、無意識にプラスの言葉を思い浮かべるようになります。
これは、私が心理学を学ぶ上で習ったことです。

マイナスの言葉を思い浮かべた時に、

ユウキ
ま、いっか。大丈夫だろう。

と、一旦断ち切り、

ユウキ
絶対余裕で走り切れる!

と、プラスの言葉を投げかける。
これを繰り返すことで脳の癖が少しずつ矯正されて、無意識にプラスの言葉を投げかけられるようになると思います。

そんな訳でフルマラソンは、自分の足音に耳を傾けたり、一点を集中して見続けたり、できるだけ無感情で走り続けるようにする。
マイナスな言葉が思い浮かんできたら、プラスの言葉を投げかけるようにする。
この作戦で挑みたいと思います 笑

ポイント
プラスの言葉をかける癖を付けておくと、ランニングが捗ります!

実践記その4まとめ〜肋骨が骨折した状態でフルマラソン完走を目指す〜

例え肋骨を骨折していたとしても、よほどの重症でない限りは、フルマラソンに出場しても問題はなさそうです。
(お医者さんの判断によります。)

ただ、お医者さんに言われた通り、肋骨に負担を掛ければ掛けるほど完治は遅くなります。

完治するまで練習を控えて、万全の状態でフルマラソンに挑むのか?
様子を見ながら練習をして、体を作り上げてフルマラソンに挑むのか?
それは、その人の体の状態と、お医者さんの考え方次第ですね。

私はそこまで痛みがないので、練習量を少し減らしつつ、当日までに体を作り上げたいと思います。
完走する気は満々です!

万が一のトラブルで肋骨を骨折してしまい、フルマラソンにそのまま出場する際の参考にして頂けると嬉しいです 笑
実際そんな人はまずいないでしょうし、何のトラブルも起きないことを祈っております!

次はこちらの記事をチェック

フルマラソンへの挑戦第5話〜目指せ30キロの壁!の巻〜

いよいよ最後の練習です!

追伸1.自分だけの理想の人生を創り出す、無料のオンライン講座を開設しました。理想の人生を送る為の3ステップ動画や、人生の目的を明確にする為の実践マニュアルをプレゼント中です。

追伸2.公式LINEでは、お友だち限定のお得な情報をお届けしています。登録後、すぐに受け取れる特別プレゼント付きです。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。

最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ブログ執筆者:ユウキ マイライフクリエイター 起業7年目(法人3期目) 「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」 そんな理念に掲げて、執筆活動をしながらビジネスを行う。 「自分だけの人生を創造する」がブログのコンセプト。 筋トレ、旅行、映画、ドラクエ好き。 Webマーケティングが得意分野。 専業主婦の妻と、白い愛犬ムースと、のんびりライフを満喫中。