Googleタグマネージャーの設定方法と使い方を解説!【2021年版】

プロフィール

どうもユウキです( ´ ▽ ` )ノ
ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。

  • Googleタグマネージャーってなぁに?
  • Googleタグマネージャーの設定方法を知りたい!
  • Googleタグマネージャーの使い方を知りたい!

こんな場合は、記事をご覧ください!

記事を読んで実践してもらうと、Googleタグマネージャーの基礎知識、設定方法や使い方が身につきます( ´ ▽ ` )ノ

現役でGoogleタグマネージャーを活用している私が、2021年最新版の設定方法や使い方を、画像つきで解説しました!

Googleタグマネージャーの基礎知識

夫よ。
Webサイトの運営にはGoogleタグマネージャーが役立つみたいだが、詳しく教えてくれ。

ユウキ

OK( ´ ▽ ` )ノ
Googleタグマネージャーとは、Webサイトに埋め込んだタグを一括で管理できる、神ツールなのだ!
なんと、Googleが無料で提供してくれているよ!

ブログなどのWebサイトを運営する場合、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを活用します。
細かいデータが取得できて、Webサイトの改善がしやすくなるからです。

アクセス解析はもちろん、広告運用やメルマガ配信などをしていく場合も、コンバージョン(成約率)を測定する為に、Webサイトにタグを埋め込む必要があります。
タグを貼り付けることで、アクセス解析ツールと連動ができるからです。

つまり、細かい測定をしようとすればするほど、Webサイトに埋め込むタグが膨大になっていきます^_^;

そんな時に役立つのが、Googleタグマネージャーです!
Webサイトに埋め込んだタグを、なんと一括で管理できるようになります( ´ ▽ ` )ノ

Googleタグマネージャー

いわゆる、タグの司令塔のような役割を果たしてくれます。

私もGoogleアナリティクス、Facebookピクセル、メルマガコンバージョン測定など、複数のタグを使用していますが、Googleタグマネージャーを使うようになってからは、管理がめちゃくちゃ楽になりました!

それまでは、一つ一つのタグをWordPressに埋め込むという、むちゃくちゃ面倒な作業をしていたので 笑

Googleタグマネージャーは、Googleアカウントさえあれば無料で使えるので、Webサイトを運営する際には必ず導入しましょう!

ポイント

Googleタグマネージャーは、Webサイトに埋め込んだタグを一括で管理できるツールです。
細かい分析ができるので、ぜひ導入しましょう^_^

Googleタグマネージャーの用語説明

Googleタグマネージャーが神ツールということはわかったのだが、なんか用語が難しいんだよね。

ユウキ

Googleタグマネージャーを活用する上で覚えておくのは、「変数」「トリガー」「タグ」の3つだね!

チェック
  • 変数
    測定する行動のこと
  • トリガー
    タグを発動させる条件のこと
  • タグ
    管理するコードのこと

…夫よ。
難しくて訳がわからないぞ。

ユウキ

もう少しわかりやすく、例を出して考えてみよう!

例:メルマガ登録されたら、Googleアナリティクスでカウントする!

チェック
  • 変数(測定する行動のこと)
    メルマガ登録をカウントする
  • トリガー(タグを発動させる条件のこと)
    メルマガ登録されたら
  • タグ(管理するコードのこと)
    Googleアナリティクスでカウントする

なるほど。
「敵から攻撃を受けたら(トリガー)、時限爆弾のスイッチを押す(タグ)!」
みたいなイメージですな。
…で、変数は「敵から攻撃を受けたら反撃せよ!」という作戦名みたいな感じ。

ユウキ

そうだね。
変数は必ずしも設定する必要はないから、「タグ」と「トリガー」をメインで覚えておけば良いと思うよ。

少し複雑なので、説明を聞いてもいまいちピンと来ないかもしれません。
私も最初はそうでした 笑

ただ、実際に使っていくと徐々に理解できるようになります!
まずはサクッと設定を済ませて、実践で使い方を覚えていきましょう^_^

Googleタグマネージャーの設定方法

習うより慣れろ!
という訳ですな。

ユウキ

うん。
Googleタグマネージャーは、実際に使ってみないとその威力はわからないだろうからね。
というわけで、さっそくGoogleタグマネージャーを設定していこう!

Googleタグマネージャーの設定方法は、次の3ステップです。

チェック
  1. Googleアカウントの取得
  2. Googleタグマネージャーのアカウント登録
  3. WordPressへのコードの貼り付け

Googleアカウントの取得

Googleサーチコンソールを使うためには、Googleアカウントが必要です。
まだGoogleアカウントを持っていない場合は、まずは下記からGoogleアカウントを取得しておきましょう。

Googleアカウント

名前やメールアドレスなどを入力し、Googleアカウントをつくりましょう。

Googleタグマネージャーのアカウント登録

それでは、Googleタグマネージャーのアカウントをつくりましょう。
下記からGoogleタグマネージャーにアクセスをしてください。

Googleタグマネージャー

「アカウントを作成」をクリックします。

Googleタグマネージャー

任意のアカウント名を記入し、国は日本を選択しましょう。
コンテナ名はWebサイトのURLを入力し、ターゲットプラットフォームは「ウェブ」を選択して、「作成」をクリックしてください。

Googleタグマネージャー

利用規約が表示されるので、チェックマークにチェックを入れて、「はい」をクリックします。

Googleタグマネージャー

記載されたコードをコピーして、WordPressの<head>と<body>に貼り付けます。

WordPressへのコードの貼り付け

ここから先は、使用しているWordPressのテーマにより異なります。
今回は、私が使用している「ストーク19」とそれ以外のテーマの場合で解説していきます。

Googleタグマネージャー

WordPressのダッシュボードにログインをして、「外観」→「カスタマイズ」をクリックしてください。

Googleタグマネージャー

「アクセス解析コード・headタグ」をクリックしましょう。

Googleタグマネージャー

「head/bodyタグ」をクリックします。

Googleタグマネージャー

「<head>タグの直後」と「<body>タグの直後」に、コピーしたコードを貼り付けます。
これで、GoogleタグマネージャーとWordPressの連携が完了です!

カスタマイズの中でコードを貼り付けられない場合は、テーマエディターから直接コードを貼り付けましょう。

Googleタグマネージャー

「外観」→「テーマエディター」→「編集するテーマ」→「header.php」という順番でクリックして、<head>と<body>の直後に、コピーしたコードを貼り付けましょう。

注意
テーマエディターを編集する場合、バックアップを取っておいてください。
万が一ミスをすると、不具合が発生する場合があります。
私は昔、WordPressの画面が真っ白になり、冷や汗をかいた経験をしました 笑

Googleタグマネージャーの使い方

これで、Googleタグマネージャーが使えるようになったんだね。

ユウキ

うむ。
それじゃあ実際に、Googleタグマネージャーの使ってみよう!

今回は例として、メルマガ登録があった際に、Googleアナリティクスでカウントする方法を解説します。

まだGoogleアナリティクスに登録していない場合は、下記の記事に沿って登録を済ませましょう!
Googleタグマネージャーを使うことで、WordPressと簡単に連携ができます^_^

Googleタグマネージャー

まずはタグの設定を行うので、「タグ」→「新規」とクリックをしてください。

Googleタグマネージャー

「メルマガ登録完了タグ」と入力して、「タグの設定」をクリックします。
タグタイプは「Googleアナリティクス:GA4イベント」を選択しましょう。

Googleタグマネージャー

設定タグは「なし – 手動設定したID」を選択してください。
測定IDにGoogleアナリティクスのIDを入力し、イベント名は「メルマガ登録完了」と入力しましょう。
次にトリガーの設定を行うので、「トリガー」をクリックしてください。

Googleタグマネージャー

右上の「+」マークをクリックします。

Googleタグマネージャー

「メルマガ登録完了トリガー」と入力し、トリガーの設定をクリックしてください。
トリガーのタイプは「ページビュー」を選択しましょう。

Googleタグマネージャー

このトリガーの発生場所は「一部のページビュー」を選択します。
「Page URL」と「含む」を選択して、メルマガ登録時に表示されるサンキューページのURLを記入し、「保存」をクリックしてください。

補足
サンキューページとは、メルマガ登録時に読者さんに表示されるページのことです。

サンキューページ

当ブログの場合、メルマガに登録してもらうと、このようなページが表示されます。

Googleタグマネージャー

「保存」をクリックして、設定を保存しましょう。

Googleタグマネージャー

タグマネージャーの管理ページに戻ったら、「公開」をクリックします。

Googleタグマネージャー

バージョン名は「メルマガ登録完了タグ設置」と入力し、「公開」をクリックしましょう。
これで、Googleタグマネージャー側の作業は完了です!

Googleタグマネージャー

メルマガに登録されてサンキューページが表示された時に、Googleアナリティクスのイベントで「メルマガ登録完了」とカウントされるようになります^_^
実際にご自身でメルマガ登録をしてみて、きちんとカウントされるかどうか確認してみてください。

今回ご紹介したのは、Googleタグマネージャーの使い方のほんの一例です。
あなたなりに色々と試してみて、Webサイトの改善に役立ててみてください!

Googleタグマネージャーの設定方法や使い方まとめ

Googleタグマネージャーとは、Webサイトに埋め込むタグを一括で管理できるツールです。
Googleアカウントがあれば、無料で利用できます!

Webサイトを運営していく上で、様々なタグを埋め込む必要がある為、Googleタグマネージャーで一括管理しちゃいましょう。
Webサイトの運営が、スムーズになりますよ!

下記の記事では、ブログ運営に必須なGoogleツールを3つ紹介しています。
今回の記事と合わせてチェックしてみてください( ´ ▽ ` )ノ

ツール名タイトル
GoogleタグマネージャーGoogleタグマネージャーの設定方法と使い方を解説!【2021年版】
GoogleアナリティクスGoogleアナリティクスのWordPress設定方法を解説!【2021年版】
GoogleサーチコンソールGoogleサーチコンソールの登録方法を初心者に解説!【2021年版】

追伸1.無理に人と関わらず、自分のペースで生きる人生戦略を、無料のオンライン講座でお伝えしています。登録者限定の動画講座や会員サイトを、今だけ特別にプレゼント中です^_^

追伸2.オンライン講座のLINE版も公開しています。LINE版限定のプレゼントも用意しているので、ぜひゲットしてください^_^

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。
最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

ABOUT US

ユウキ株式会社GREEN代表取締役
創業8年目の32歳。心理セラピストの資格を持つWebマーケター。ブログ月間最高アクセス数:110万pv(2サイト)/メールマガジン登録者さん:6,140名/LINE公式アカウント登録者さん:2,230名(3アカウント)。「自分のペースでのんびり生きるWeb戦略」を発信している。重度の筋トレ&ドラクエオタク。趣味は愛妻と愛犬と戯れること。