リストマーケティングとは?ブログとメルマガでのやり方を公開!

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に執筆活動をしている、マイライフクリエイターのユウキです。

今回はリストマーケティングの仕組み、やり方を解説します。

  • リストマーケティングの意味や仕組みがわからない!
  • リストマーケティングに興味がある!
  • ブログやメルマガを実践してみたい!

そんな場合は、最後まで記事をご覧ください。
個人でもリストマーケティングが実践できるだけの知識が身に付きます。

はじめに〜リストマーケティング・ダイレクトレストマーケティングの概要〜

次の流れで記事を読んでもらえると、リスト集客・顧客教育のスキルが身に付きます。

チェック

  1. リストマーケティングの概要:リストマーケティングとは?ブログとメルマガでのやり方を公開!
  2. リストマーケティングの集客方法:リストマーケティングの集客のやり方!10通りの実践方法を紹介!
  3. ランディングページの作り方:ランディングページの作り方【初心者が自作する為の構成を公開】
  4. メルマガとLINE公式アカウントの違い:メルマガとLINE公式アカウントを比較!特徴をまとめてみた!
  5. ダイレクトレスポンスマーケティングの概要:ダイレクトレスポンスマーケティングとは?やり方や例を解説します!
  6. ダイレクトレスポンスマーケティングの教育方法:ステップメールの教育方法!成約率34%を達成した秘密とは?

今回は1の「リストマーケティングの概要」を解説します。

リストマーケティングとは?

リストマーケティングとは、顧客リストを集めて商品を販売する手法です。
例えば、アパレル店で考えてみましょう。

リストマーケティングの説明

お客さんがアパレル店へ来店する。
これは、普通の集客です。

リストマーケティングの説明

お客さんがメルマガに登録してくれました。
アパレル店はメールアドレスという顧客リストが手に入ります。

お客さんのメールアドレスが手元にある場合は、お店のキャンペーンや新作情報を送れます。
ネットショップをしていれば、メールで商品を紹介しただけで購入してくれる可能性もあります。

ユウキ
顧客リストを集めて、集めた顧客に対して商品を販売する。
これが、リストマーケティングです!

リストマーケティングにおけるリストの意味とは?

リストとは顧客リストのことで、お客さんの個人情報のことです。

チェック
  • 名前
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号
  • メールアドレス

あなたがどんなビジネスを行うにしても、リスト集めは必ずしてください!

女性
なぜリスト集めをする必要があるのですか?

リスト集めをした方が、長期的に稼ぎ続けられるからです。

こんな有名な話をご存知でしょうか?
昔の商人は家が火事になった場合、井戸の中に顧客リストを放り込んで、炎から守ったと言われています。

リストマーケティングの説明

家事で全財産を失ったとしても、顧客リストさえあればいくらでもお金が稼げるからです。

例えば、私の全財産が今0円だとしましょう。
しかし、ブログから集めたメールアドレスが、手元に10,000リストあるとします。
そこで私は10,000人に対して、このようなメールを送りました。

ユウキ
情報発信ビジネスのスキルを身に付ける3日間の合宿を、30名限定で50万円で行います!

もしも完売した場合、「30名×50万円=売上1,500万円」となり、全財産0の状態から1,500万円を売り上げられます。

仮にビジネスに失敗をして、銀行口座に1円もお金がなくなったとしても、顧客リストがあればいくらでもビジネスができます。
だからこそ、リスト集めは重要です。

ポイント
ビジネスをする上で、顧客リストは命です!

気が付かないだけで、どんな企業もリスト集めをしています。

例えば、スーパーマーケットや家電量販で、ポイントカードを作ったことはありませんか?
ポイントカードを作る際には、「名前」「住所」「電話番号」「メールアドレス」などを記入する場合がほとんどでしょう。
顧客の個人情報を得る為です。

Amazonや楽天など、インターネット上で買い物をしたことはありませんか?
ネットショッピングをする場合、個人情報を入力することが大半です。
企業は当然、その情報を保管しています。

実際、インターネットで買い物をした後、おすすめ商品やキャンペーンなどの、お知らせメールが送られてくることがあります。

アイドルのファンクラブも、リストマーケティングの一つです。
住所やメールアドレスを取得することで、ライブやコンサートの情報を、ファンの方に直接お知らせできます。

女性
普段意識をしていないだけで、リスト集めは色んな所で行われているんだね。

大事なことなので、もう一度言います。
どんなビジネスを行うにしても、リスト集めは必ずしてください!

ポイント
長期的に稼ぎ続ける為には、リストマーケティングは必須の手法です!
ビジネスをやる以上、リストは必ず集めましょう!
ユウキ
集客でリストを集めることで、あなた専用のマーケット(市場)が構築されます。
マーケット(市場)が構築されることで、集まっているお客さんに商品の販売ができ、ビジネスが成り立ちます!

リストマーケティングにおける1リストの価値とは?

1リストの価値は、その人のビジネスや売り上げによって異なります。

例えば、1,000リストを取得して、集めたリストに対して50,000円の商品を販売したとしましょう。
1,000リストのうち、200人が商品を購入してくれました。
「50,000(商品価格)×200(購入者)=1,000万(売り上げ)」となるので、売り上げは1,000万円です。

チェック
1リストの価値を割り出すには、売り上げからリスト数を割ります。
「1,000万(売り上げ)÷1,000(リスト数)=10,000(1リストの価値)」となるので、1リストの価値は10,000円です。

極端な話、1ヶ月に100人を集客できれば、毎月銀行口座に100万円が振り込まれるようなものです。
リストには、それだけの価値があります。

仮に広告を利用し、1リスト2,000円を掛けて集めるとしましょう。
3,000リストを集める為には、「2,000(1リストに掛ける広告費)×3,000(リスト数)=600万(全体の広告費)」となるので、600万円が必要です。

1リストの価値が10,000円と考えた場合、「3,000(リスト数)×10,000(1リストの価値)=3,000万(売上)」となるので、仮に広告費に600万円を掛けても、3,000万円を売り上げられます。
これが、リストマーケティングの力です。

ユウキ
集客層や販売商品などによって、1リストの価値は変わります!

リストマーケティングにおけるリストに対する考え方とは?

これまでに「リスト」という表現を多用してきましたが、リストの意味はお客さんです。
考え方としては「リスト=お客さん」ですが、私はリストという呼び方に少し抵抗があります。
お客さんをお金として見ているような感じがするからです。

言い方は残酷ですが、ビジネスとして考えた場合、アイドルのリストはファンです。

こんなアイドルはあり得ないでしょう。
ファンと呼ぶのが当然です。

私自身もビジネスを始めた時に、

先輩
お客さんをリストと捉えるのではなく、
一人の人間として見るようにしなさい。

と、経営者の先輩から教わりました。

今回の記事ではわかりやすく、リストという言い方を多用しています。
不快に感じた場合は申し訳ありませんが、ご了承ください。

ユウキ
お客さんはリストではなく、一人の人間として見ましょう!

リストマーケティングのやり方とは?

私は2014年からWebマーケターとして独立して、リストマーケティングを実践してきました。

リストマーケティングのやり方

ざっくり言えば、Webメディアに人を集めて、そこからメルマガやLINEなどの顧客リストを取得するだけです。
もう少し詳しく言うと、次の4ステップを踏んでください。

チェック
  1. 発信する情報を決める
  2. Webメディアを立ち上げる
  3. リストを集める
  4. 商品を販売する

1.発信する情報を決める

Webメディアにアクセスを集める為には、情報を発信する必要があります。
まずは何をテーマに発信するのかを決めましょう。
情報発信するテーマの決め方は、次の関連記事をご覧ください。

情報発信ビジネスとは?やり方や仕組みをWebマーケターが解説!

2.Webメディアを立ち上げる

実際にWebメディアを立ち上げて、運営してみましょう。
経費がほとんど必要なく資産にもなる為、ブログ運営はおすすめです。
ブログの立ち上げ方や運営方法は、次の関連記事をご覧ください。

情報発信ブログの作り方【月間70万PVを誇るWebメディアの全貌】

3.リストを集める

ブログからメルマガやLINEへと誘導して、リストを取得しましょう。
リストの取得にはランディングページを活用すると良いです。

集客方法やランディングページの作り方は、「2.リストマーケティングの集客方法」「3.ランディングページの作り方」で詳しく解説しています。

4.商品を販売する

集めた顧客リストに対して、商品を販売します。
販売する商品は、主に独自コンテンツか他社コンテンツ(アフィリエイト)の2通りです。
独自コンテンツ販売やアフィリエイトのやり方は、次の関連記事をご覧ください。

コンテンツ販売とは?やり方や種類を実体験と共に解説します!

アフィリエイトとは何か?Web起業家がわかりやすく解説します!

リストマーケティングのポイント!

リストマーケティングを実践する上では、次の3点を覚えておいてください。

チェック
  1. リスト集めはブログとメルマガの組み合わせが王道
  2. リストは二重・三重で取得すること
  3. リスト集めの土台が変わっても問題ない

1.リスト集めはブログとメルマガの組み合わせが王道

個人がリストマーケティングを実践する上で、王道なやり方はブログとメルマガの組み合わせです。

例えば、このブログではWebマーケティングの情報を発信しており、アクセスを集めています。
そして興味を持ってくれた人は、メルマガやLINEへ登録してくれます。

ユウキ
ブログを運営してアクセスを集めて、メルマガへ登録してもらう。
めちゃくちゃ単純です!

ブログは「待ちの媒体」で、メルマガは「攻めの媒体」と言われます。

あなたが優れた商品を持っているとしましょう。
ブログで販売をしているだけだと、お客さんがブログにアクセスをしてくれない限り、商品は売れません。

一方でメルマガも運営している場合はお客さんのメールアドレスを取得できるので、あなたから商品の販売メールを送れます。
ブログはお客さんからのアクセスを待つだけですが、メルマガはお客さんにアプローチができます。

異性をデートに誘おうとする状況と同じです。
あなたに、好きな異性のAさんがいるとしましょう。

あなたとAさんがお互いのメールアドレスを知っている場合は、あなたからAさんをデートに誘えます。
あなたがAさんのメールアドレスを知らない場合は、あなたからはデートに誘えないので、Aさんからの連絡を持つしかありません。

これが、ブログは「待ちの媒体」で、メルマガは「攻めの媒体」と言われる理由です。

ブログと違い、メルマガはSEOの影響を受けにくいです。
ブログで情報発信をしており、大幅な順位変動でアクセスが激減したとしましょう。

読者さんのメールアドレスを取得していれば、ブログのアクセスに限らずビジネスが続けられます。
メルマガでブログの更新を伝えればアクセスが流せますし、商品販売のオファーもかけられます。

ユウキ
ブログを運営する場合は、同時にメルマガも配信するのがおすすめです!

2.リストは二重・三重で取得すること

リストには、「名前」「住所」「電話番号」「メールアドレス」「LINE」「SNS」など、様々な種類があります。

これだけは覚えておいて欲しいのですが、リストは一つだけではなく、二重・三重で取得してください。

女性
二重・三重で取得するとは、どういう意味でしょうか?

一人のお客さんに対して、複数のリストを取得するということです。

リスト取得の代表的な手段はメルマガです。
メルマガに登録してもらうことで、「名前」と「メールアドレス」という顧客リストが取得できます。

しかし、仮にそのお客さんのメールアドレスが変更されてしまった場合、リストは消滅してしまいます。
メールアドレス以外にも、「電話番号」「住所」「LINE」「SNS」など、二重・三重でリストを取得しておくことで、一つのリストが駄目になった時のリスク回避ができます。

今の時代であれば、「名前」「メールアドレス」「LINE」の3つは必ず取得しましょう。
スマホが普及した現代は、メールを使わずにLINEを使う人が圧倒的に増えました。
その為、メルマガの登録には抵抗があっても、LINE公式アカウントやSNSの登録には抵抗がない人も多いです。

メルマガの登録者にはLINE公式アカウントへ誘導する仕組みを作り、LINE公式アカウントの登録者にはメルマガへ誘導する仕組みを作る。
こうすることで、リストの取りこぼしを防ぎます。

集客のやり方
ポイント
最低でも「名前」「メールアドレス」「LINE」の3つは取得しておくと良い!
「Facebook」「Twitter」「Instagram」「Youtube」など、どんな媒体で集客するにしても、必ず「メルマガ」や「LINE公式アカウント」へ誘導しましょう。

私はリストを取得しているWebメディアが複数ありますが、大体どの媒体も【メルマガ2:LINE公式アカウント1】の割合で登録してくれます。

2017年にはLINE公式アカウントにステップメール機能を付けたツールが公開され、LINEマーケティングが爆発的に流行りました。
今ではFacebookにも、ステップメールを作れる機能があるぐらいです。

男性
もうメルマガの時代は終わりだ!
これからはLINE公式アカウントの時代が来るよ!

なんて言われたほどで、一時期はLINE公式アカウントやFacebookのみで、リストを取る人も沢山いました。

しかし、LINEやFacebookはSNSです。
Twitterのアカウントが凍結するように、最悪アカウントが停止になる可能性もあり得ます。

もう一度言いますが、一つに偏ったリスト集客はリスクが大きすぎます。
必ず複数のリストを集めておきましょう!

ユウキ
リストは複数取得しておくこと!

3.リスト集めの土台が変わっても問題ない

リスト集めをしていると、

男性
○○でリストを集める時代はもう終わった!
女性
これからは○○でリストを集める時代よ!

と言われることがあります。

メルマガやLINE公式アカウントがその典型です。
メールを使う人が大幅に減り、LINEを使う人が大幅に増えました。
仮にメルマガの時代が終わって、LINE公式アカウントの時代に突入したとしましょう。

しかし、それは土台がメルマガからLINE公式アカウントへと移っただけで、集客方法は大して変わりません。
「メルマガ登録はこちらから!」が、「LINE公式アカウント登録はこちらから!」に変わるだけです。

既にメルマガで集めたお客さんに対しては、

ユウキ
LINE公式アカウントを始めたので、こちらから登録をお願いします!

とメールを送り、LINE公式アカウントへ登録してもらえればそれで完了です。

感覚的には、オートマ車からマニュアル車へと車を乗り換えただけです。
ギアの使い方が変わるぐらいで、免許を持っている人は多少練習すれば乗りこなせます。

リスト集めもそれと同じです。
根本的な集客スキルが身に付いてさえいれば、リスト集めの土台が変わっても問題ありません。

ポイント
大事なのは、根本的な集客スキルを身に付けること。
いくら土台が変わろうと、根本的なスキルが身に付いていれば、関係ありません!

リストマーケティングの内容まとめ!

リストマーケティングとは、お客さんの「名前」「電話番号」「メールアドレス」などを取得し、取得したリストに対して商品を販売することです。
ただし、お客さんのことはリストではなくて、一人の人間として見るようにしましょう。

お客さんを多く集めれば集めるほど、マーケット(市場)が大きくなり、商品を提供できる範囲が広くなります。
ブログとメルマガを組み合わせれば、個人でもリストマーケティングはできるので、ぜひ実践してみてくださいね。

次はこちらの記事をチェック

リストマーケティングの集客のやり方!10通りの実践方法を紹介!

10通りの集客方法を紹介します!

追伸1.自分だけの理想の人生を創り出す、無料のオンライン講座を開設しました。理想の人生を送る為の3ステップ動画や、人生の目的を明確にする為の実践マニュアルをプレゼント中です。

追伸2.公式LINEでは、お友だち限定のお得な情報をお届けしています。登録後、すぐに受け取れる特別プレゼント付きです。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。

最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ブログ執筆者:ユウキ マイライフクリエイター 起業7年目(法人3期目) 「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」 そんな理念に掲げて、執筆活動をしながらビジネスを行う。 「自分だけの人生を創造する」がブログのコンセプト。 筋トレ、旅行、映画、ドラクエ好き。 Webマーケティングが得意分野。 専業主婦の妻と、白い愛犬ムースと、のんびりライフを満喫中。