完璧を目指さない生き方【100%ではなく80%主義者であれ】

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に執筆活動をしている、マイライフクリエイターのユウキです。

  • 求められた仕事は完璧にこなさないと気が済まない!
  • 試験で98点を取っても間違えた2点に目がいってしまう!
  • どんな物事も失敗は許されないと思っている!

もしもこんな経験があるようでしたら、あなたは完璧主義者の傾向があります。

はっきり言います。
完璧は目指すだけ無駄です。

完璧な人間はこの世のどこを探しても存在しないですし、完璧主義を辞めた方が私生活も仕事も上手くいきます。

今回は心理カウンセラーの資格を持っている筆者が、完璧を求めない生き方についてまとめました。

完璧主義者は生きづらい?

完璧主義者とは、その名の通り、物事を完璧にこなさないと気が済まないタイプです。
一見すると向上心のある良い性格にも見られます。

しかし、現状に満足できずに常に上を目指そうとするので、いつまで経っても満足感や達成感を得ることができません。

男性
営業成績が2位だと?
1位以外はあり得ない!
女性
寝坊して子どものお弁当が上手に作れなかった!
こんなの母親として失格だわ!

こんな毎日を送るのは、かなり辛くありませんか?

行き過ぎた完璧主義者は、「完璧で当たり前、それ以外は全て失敗!」という考え方を持ってしまいます。

完璧主義

仮に完璧な結果を出しても、

男性
これぐらいできて当たり前。

と、自分自身を褒める行為をしなくなりますし、理想の結果が出なければ、

男性
失敗ばかりで自分はなんてダメな人間なんだ…。

と、自信を損失させる原因にもなります。

完璧を目指さない生き方を目指す

「それじゃあどんな生き方をすれば良いのか?」と言うと、私の場合、現状を一旦受け入れた上で、更に高みを目指すという生き方をしています。

要は、こんな感じです。

仮に100点満点の試験で30点を取った場合も、全然問題無し。
ただ、次は31点以上が取れればもっと素晴らしい。

完璧主義の回避

「30点でもOK!」⇒「31点以上ならもっと素晴らしい!」
下記の記事でも述べていますが、物事の結果を「良い」と「もっと良い」の2択で考えるようにするということです。

優しさと甘さの違いとは何か?妻と接するうちに気付いたこと!

私は思います。

人間の平均寿命を考えると、人生は80年程度。
どんなに必死に頑張ったところで、人はいつか死にます。

だったら、無理に自分を追い込んで苦しむよりも、もっと気楽に生きる方が人生楽しんじゃないかと。
できなかった部分ではなくて、できるようになった部分に、目を向けてみましょう。

完璧を求めないビジネス

以前、ニュース番組で、「完璧主義者をやめて売り上げが増えた」というパン屋さんを特集していました。

元々そのパン屋さんは、

  • 従業員は8名
  • 週5で朝から晩まで営業
  • 休みはほぼ無し
  • 取り扱うパンは40種類

という環境で営業していました。
それでいながら毎回パンは売れ残り、お店は赤字という過酷な労働環境にあったそうです。

しかし今では、

  • 従業員は主人と奥さんの2名
  • 週3で午後のみ営業
  • 夏休みは40日
  • 取り扱うパンは4種類

という環境に変わりました。
それでいながら、年商3,000万円を稼いでおり、夫婦で悠々自適な生活をしているとのことです。

働く時間が短くなっても売り上げが増えた理由は、「手抜きをしているから」です。

40種類あったパンを4種類に減らし、食材や製造過程もシンプルにしました。
パンの形や見栄えも100%を求めず、80%程度で合格にします。

パンを人気のある4種類に絞り込んだことで、廃棄処分という無駄を減らし利益は倍増。
製造過程の手を抜くことで、徹底的な時短に成功しました。

この手抜きの法則はパン屋さんだけでなく、あらゆる物事に当てはまります。
ぶっちゃけますが、このブログは手を抜いている部分があります。

それが、記事の出来栄えです。
記事の出来栄えは大体次の4通りになります。

チェック
  1. かなり良くできた!91〜100点
  2. そこそこ良くできた!71〜90点
  3. 良くも悪くもない!51〜70点
  4. 全く面白くない!0〜50点

この4通りの中で、没にするのは4だけです。
1〜3の出来栄えであれば、迷わず更新します。

こだわろうと思えば、内容はもちろんのこと、改行や句読点の位置、語尾のニュアンスなど、改善すべき点はいくつもあります。

しかし、文章には正解がないですし、毎回そんな細かいところまでチェックしないです。
人間は不完全な生き物なので、完璧を求めてしまうと、時間がいくらあっても足りません。

重要なのは、決めた目標に向かってより良い結果を出す為に取り組むことです。

例えば、iPhoneを想像してみてください。
ものすごく高性能ですし、世界中で絶大な人気を誇っています。
iPhoneを作っている人たちは、めちゃくちゃ頭が良くて技術のある集団です。

しかし、発売後に定期的にアップデートされます。
それは、iPhoneが完璧ではないからです。

頭が良くて技術のある人たちが集団になって作っているにも関わらず、iPhoneは完璧には作れません。
より良い製品にしようと発売日まで作り込み、その後で、改善すべき点をアップデートします。

人間も同じです。
目標を決めたら自分の中で最大限の力を注ぎ込み、達成できない部分があれば、改善して次に繋げる。
これで十分です。

記事を2時間で書くと決めたら、その2時間でより良い内容に書き上げる。
後で改善すべき点を見つけたら、その時に修正して、次に活かせば良いです。

以前の私でしたら、100点の記事を10時間で書こうとしましたが、今では80点の記事を2時間で書き上げます。
20点の差に8時間の労力を使うぐらいであれば、潔く切り上げて別の仕事をした方が、私の人生に有益だと思っているからです。

もちろん、これは飽くまでも例え話であり、記事を早く書けば良いという訳ではありません。
私が言いたいのは、完璧を求めないということ。

その方が、人生は楽しいですし、ビジネスも上手くいく可能性が高いです。

完璧を求めない生き方まとめ

この世の中に完璧な人間なんて存在しません。
どんな人間にも欠点はあります。

全ての物事を完璧にこなす必要はありません。
重要なのは、現状を一度受け入れた上で、更なる高みを目指すことです。
できない部分ではなくて、できるようになった部分に目を向けてみましょう。

そういえば昔、容姿端麗で頭脳明晰、性格も良くてスポーツ万能の水嶋ヒロさんが、さんまさんに欠点を聞かれていました。
その時に、「人よりもお腹が弱いです。」と答えていました。

完璧な人間なんて、この世には存在しません!

追伸1.自分だけの理想の人生を創り出す、無料のオンライン講座を開設しました。理想の人生を送る為の3ステップ動画や、人生の目的を明確にする為の実践マニュアルをプレゼント中です。

追伸2.公式LINEでは、お友だち限定のお得な情報をお届けしています。登録後、すぐに受け取れる特別プレゼント付きです。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。

最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ブログ執筆者:ユウキ マイライフクリエイター 起業7年目(法人3期目) 「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」 そんな理念に掲げて、執筆活動をしながらビジネスを行う。 「自分だけの人生を創造する」がブログのコンセプト。 筋トレ、旅行、映画、ドラクエ好き。 Webマーケティングが得意分野。 専業主婦の妻と、白い愛犬ムースと、のんびりライフを満喫中。