今日は、昨日の動画講座の復習をしていきましょう。
目的地へ進む為には自己投資、いわゆる学びが必要不可欠です。

例えば、「髪型や服装を整えて、自分に自信を持つ人を増やす!」という目的を持ち、フリーランスのファッションコーディネーターという手段に取り組む場合。

本を読んだり、セミナーへ出席したり、実際にプロのコーディネートを受けて、知識をつけることにお金や時間を使います。
学ぶことで、より多くの知識が身に付きますし、学んだ内容を実践することで、人に良い影響を与えられます。

では、学びに必要なポイントを覚えていますか?
それが、次の2つです。

チェック
  1. 必要な物事にお金や時間を使う
  2. 費用対効果の高い物事にお金や時間を使う

まず、必要な物事にお金や時間を使うこと。

例えば、私は2019年に心理セラピストの資格を取得する為に、専門スクールにお金と時間を使いました。
それは私が、「昔の自分のように、生き方に迷っている人に自分の知識や経験を伝えたい。理想の生き方を伝える為にも、心理学を深く学ぶ必要がある。」と思ったからです。
つまり、資格が欲しいからではなく、資格が必要だから取得しました。

読書にしても、やたらめったら本を読むというよりは、「今はコピーライティングを身に付ける必要があるから本を読もう」とか、「キャッチコピーを作る必要があるから本を読もう」とか、必要に感じた時に本を読むことが多いです。
必要な物事であれば、無駄になることはありません。

続いて、費用対効果の高い物事にお金や時間を使うこと。

例えば、私は年間で60万円近い金額を支払い、税理士さんを雇っています。
毎月の経理作業から確定申告までを全て税理士さんに任せられるので、私の時間が大幅に浮きます。

時間は有限です。
年間60万円で自分の時間が買えるならば、安い投資だと思います。
税理士さんを雇わずに全ての経理作業を自分でやるなんて、それこそ時間の損失です。

こんな風に、お金や時間を使う場合は、

  • この先に生きるか?
  • この先に生きないか?

をよく考えてみてください。

「心理セラピストの資格を取得する為の専門スクール」や「税理士さんの顧問料」は、この先に生きる、お金と時間の使い方ということがわかるでしょうか?

専門スクールで学んだことは、こんな風に知識や経験を伝える事で、ブログやメルマガの読者さんのお役に立てますし、私の収入増加にも直結します。
税理士さんを雇うことで、大幅に時間が浮き、私は自分のやるべきことに集中できるようになります。
そこに費やしたお金や時間は無駄にはなりません。

一方で、「惰性で参加した飲み会」は、この先に生きない、お金と時間の使い方です。

飲み会をしたところで、何かを生み出す訳でもありません。
ストレス解消や相談事など明確な目的がある場合は別として、惰性で参加した飲み会は、お金と時間を減らすだけでしょう。

人生は自由です。
どんな物事にお金や時間を使おうが、%%NameSei%%さんが自由に決めて構いません。

ただし、人生には限りがあります。
1分1秒と、命は削られています。

そう考えた場合、

  • 私利私欲の為に、飲み会に参加したり、スマホのゲームに課金をするのか?
  • 目的達成の為に、資格を取得したり、教材で知識を付けるのか?

何を優先してお金や時間を使うかは、明白だと思います。

お金の使い方をより深く学びたい場合は、こちらの記事をどうぞ。

・参考記事
⇒ 消費・浪費・投資の違い!比率はどれぐらいがベスト?

詳しく解説しているので、参考にして頂けると嬉しいです。