PDCAサイクルを回す方法!意味や具体例をまとめてみた!

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に執筆活動をしている、マイライフクリエイターのユウキです。

目標に向かって計画を立てたは良いが、以下のようなトラブルに見舞われたことはありませんか?

  • 計画が思うように実行できない。
  • 計画通りに上手く進まない。
  • 計画を達成できたことがない。

そんなトラブルを上手く解決して、立てた計画をスムーズに進める為の方法があります。
それが、PDCAサイクルを回すことです。
今回はPDCAサイクルの意味や、具体例をまとめてみました!

計画は定期的に見直そう!

正しい目標設定のやり方を身に付けておくと、PDCAサイクルがより活かせます。
まだ読んでいない場合は、次の記事を先にチェックしておいてくださいね。

時間の使い方が上手い人を目指す!【ベンジャミン式の目標設定】

さて、正しく計画を立てたは良いが、思うように進まない。
誰しもそんな経験があると思います。
例えば、1月1日に年間目標を立てたとしましょう。

男性
今年こそはジムに通ってダイエットに励むぞ!
1年間で10キロのダイエット計画を立てよう!
まずは1ヶ月目で2キロ落として、2ヶ月目は…。

しかし、計画通りに進まなくて、

男性
1ヶ月目から上手くいかなかったな…。
まぁ、2ヶ月目からまた頑張ろう…。

と、徐々に諦めモードになってしまい、いつしか計画を立てたことすら忘れてしまう。
こんな経験、あなたも人生で一度や二度はあったと思います。

私なんて、何度この経験を味わったかわかりません!
むしろこの記事を書いている現在も、今日の仕事が押している状態です。

でも、安心してください。
計画通りに進まないことは普通です。

ユウキ
立てた計画が何のトラブルもなくスムーズに進み、思い通りの目標が達成できた!

…という方が、よっぽど珍しいです。
私も何か達成したい目標がある時は、目標を設定して、それに伴う計画を立てますが、計画通りに進むことなんてまずありません。

ポイント
計画はズレるもの!
思うように進まなくて当たり前!

最大の問題は、ズレた計画を放っておいてしまうことです。
例えば、こんな状況を想像してください。
あなたは、山登りをしています。

3時間後に山頂に辿り着くのが目標です。
ちょうど3時間で山頂に到着するための、コースが載っている地図も持っています。

あなた
この地図に従えば、3時間で山頂に辿り着くのは簡単だ!

しかし、地図を見間違えてしまい、完全にコースを外れてしまいました。
このまま闇雲に歩いていては、3時間後に山頂に辿り着くことはできません。

あなた
あぁぁ!
完全にコースを外れているではないかぁ!

この時、あなたはどうするでしょうか?
少し考えてみてください。

・・・

 

・・・

 

・・・

どうでしょうか?

予定通り山頂に3時間で到着する為、コースに戻って早足で進みますか?
山頂に辿り着くのを4時間後に変更して、コースに戻って自分のペースで歩きますか?
どちらも正解です。

到着までの時間に差はありますが、間違ったコースを軌道修正して、ゴールに向かって歩み始めています。
問題なのは次の2つです。

・間違ったコースを歩き続ける。
・山頂に辿り着くのを諦めて帰る。

間違ったコースを歩き続けたり、山頂までのゴールを諦めてしまうことです。
人生においても、これと全く同じことが言えます。

当初の計画から大幅にズレようが、間違った方向性で歩み続けようが、それに気づいて修正することが大事です。
どれだけ計画がズレていたとしても、修正さえできれば、いくらでも遅れは取り戻せます。

修正後に一気に追い上げて、予定通りに目標を達成できるかもしれません。
当初の予定よりも少し遅れてしまったとしても、目標を達成できる可能性はあります。

ユウキ
だからこそ、計画は定期的に見直すのが大切だよ!

東進ハイスクールの林修先生が、以前テレビでこんなことを言っていました。

努力は報われるという表現は間違っている。
正しい場所で、正しい方向性で、充分な量をこなした努力は報われる。

まさにこの通りだと思います。

もしもあなたが両足を骨折しているとしたら、山登りで頂上を目指すのはやめた方が良いでしょう。
頂上に到達する前に体調を崩す可能性が高いので、もっと別の場所で努力をした方が良いと思います。

体調も準備も万端だとしても、ルートを外れてしまえば頂上には辿り着けません。
どれだけ必死に歩き続けたとしても、それは努力の方向性を間違えています。

健康も準備も万全で、ルートが正しくても、途中で歩くのをやめれば頂上には辿り着けません。
それは努力の量が足りないです。

健康も準備も万全で、ルートが正しくて、尚且つ頑張って歩き続けることで、ようやく頂上に辿り着けます。
これが、正しい場所で、正しい方向性で、充分な量の努力をこなすという意味です。

ポイント
正しい場所で、正しい方向性で、充分な量をこなした努力は報われる!
場所や方向性を間違えたり、努力の量が少ないと結果が出にくいです。

PDCAサイクルの意味とは?

立てた計画を定期的に見直しして、修正する為の最適な方法があります。
それが「PDCAサイクル」です。
有名な手順なので、もうご存知かもしれませんね。

女性
PDCAサイクルって何でしょうか?

PDCAサイクルとは、

Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Action(改善)

の4つのアルファベットの頭文字を取った言葉です。
もう少し詳しく説明します。

Plan(計画)

あなたが達成したいと思っている目標に沿って、計画を立てます。
これが目標達成への第一段階ですね。

Do(実行)

あなたが立てた計画を実行します。
計画を立てて満足してしまう人がいますが、必ず実行に移しましょう。

Check(評価)

あなたの行動している内容が、「計画に沿って進んでいるのか?」「効率的に実行できているのか?」など、客観的に評価をします。
計画だけして満足してしまったり、実行したが上手くいかずに諦めてしまう、という人も多いです。
ただ淡々と実行を続けるだけでなく、定期的に実行内容を見直しましょう。

Action(改善)

あなたの行動した内容が、「計画に沿って進んでいない」「非効率的な作業が多い」という場合は、修正箇所を見つけて改善します。
先ほどの山登りの例で言うと、山頂までのコースを外れてしまったので、正規のコースに戻る作業です。
計画に沿った行動へと改善することで、目標達成までの道筋が再び明確になります。

PDCAサイクルを回す方法を具体例付きで紹介!

PDCAサイクルとは、次の4つの手順を繰り返します。

チェック
  1. Plan(計画):まずは計画を立てる。
  2. Do(実行):立てた計画を実行する。
  3. Check(評価):実行した内容を評価する。
  4. Action(改善):評価した行動を改善する。

図で表すと次の通りです。

PDCAサイクル

この4つの手順が、くるくると回るようなイメージですね。
もう少しわかりやすく、具体例を挙げて、PDCAサイクルを回す方法を紹介します。

例:ダイエットの場合。

女性
来月は結婚式があるから、1ヶ月で2キロ痩せようと思うわ!

Plan(計画)

まずは1ヶ月で2キロ痩せる為の計画を立てます。

現状
  • 1日の摂取カロリーは2,200キロカロリー程度
  • 基礎代謝は1,600キロカロリー程度
  • 運動は一切していない
  • 毎日3時におやつを食べる
女性
現状はこんな感じね。
ここから計画を立てましょう。
計画
  • 1日の摂取カロリーを1,700キロカロリー以下に抑える
  • 毎日ランニング30分(250キロカロリー消費)
  • 3日置きにジムで1時間のスイミング(600キロカロリー消費)
  • 毎日3時のおやつをやめる

当然ですが、これはまだ仮設の段階です。
1ヶ月間実行したからといっても、確実に2キロのダイエットに成功するとは限りません。
その為に「実行」をした後で、「評価」と「改善」で修正をしていきます。

Do(実行)

立てた計画を実行に移します。
1日の摂取カロリーを1,700以下に抑えて、ランニングやスイミングで運動をします。

女性
く…3時のおやつ無しは辛い…けど、頑張るわ!

計画に沿って行動しましょう。

Check(評価)

計画通りに実行ができていたか、実行した内容を評価します。

評価
  • 1日の摂取カロリーは1,700キロカロリー以下に抑えられた。
  • 毎日30分のランニングはできていなかった。
  • 3日置きにジムで1時間のスイミングはできている。
  • 毎日の3時のおやつは我慢できている。
女性
よしよし!
毎日のランニングはできていないけど、それ以外は順調に進んでいるわね!

私の場合は毎日評価をしていますが、一週間毎でも構いません。
あまりに評価の期間が空いてしまうと、修正が難しくなるので、最低でも週に1回程度は評価をした方が良いです。

Action(改善)

評価した行動で、「計画に沿っていなかった部分」や「非効率的な部分」などを改善します。

例えば…

今のペースだと1ヶ月で2キロも痩せられないと判断したら、ランニングやスイミングの時間を30分増やすなど、行動量を調整してみましょう。
実際に行動してみて、1ヶ月で2キロのハードルが高すぎた、1日の計画がハードすぎると感じたら、目標数値を下げたり、1日の計画量を減らしてみましょう。

女性
ここからもうひと頑張り!

改善後は再び計画を立てて、実行に移します。
実行したら、評価をして改善する。
この流れを繰り返しましょう。

PDCAサイクルを回す方法まとめ!

PDCAサイクルの意味や、PDCAサイクルを回す方法を具体例付きで説明させて頂きました。
PDCAサイクルとは、次の4つの手順をくるくると繰り返します。

チェック
  1. Plan(計画):まずは計画を立てる。
  2. Do(実行):立てた計画を実行する。
  3. Check(評価):実行した内容を評価する。
  4. Action(改善):評価した行動を改善する。

この4つの手順を繰り返すことによって、あなたの目標が達成しやすくなります。

もう一度言いますが、立てた計画がズレることは当然です。
計画通り、何のトラブルもなくスムーズに目標が達成することの方が、よっぽど珍しいと思います。

自慢ではありませんが、私はスムーズに目標達成ができたことは、人生で一度もありません!
そんなに簡単に計画が進むのであれば、目標を達成できない人なんて、世の中に一人も存在しないはずです 笑

PDCAサイクルは、「ビジネス」「スポーツ」「ダイエット」「勉学」どんな物事にも対応可能です。
ぜひ上手く活用して、あなたの目標達成に役立ててくださいね。

追伸1.自分だけの理想の人生を創り出す、無料のオンライン講座を開設しました。理想の人生を送る為の3ステップ動画や、人生の目的を明確にする為の実践マニュアルをプレゼント中です。

追伸2.公式LINEでは、お友だち限定のお得な情報をお届けしています。登録後、すぐに受け取れる特別プレゼント付きです。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。

最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ブログ執筆者:ユウキ マイライフクリエイター 起業7年目(法人3期目) 「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」 そんな理念に掲げて、執筆活動をしながらビジネスを行う。 「自分だけの人生を創造する」がブログのコンセプト。 筋トレ、旅行、映画、ドラクエ好き。 Webマーケティングが得意分野。 専業主婦の妻と、白い愛犬ムースと、のんびりライフを満喫中。