PDCAサイクルを回す方法!意味や具体例をまとめてみた!

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
心理セラピストの資格を持つWebマーケターのユウキです^^

株式会社GREEN代表取締役。
創業8年目の32歳。

生まれ持っての内向的な性格で、人との関わりを嫌い、愛妻や愛犬と自宅でのんびり過ごすことが好き。

学校のように多くの人に囲まれ、ルールに縛られた空間が大の苦手で、幼い頃から生きづらさを抱えていた。
大学卒業後に就職した会社も、人付き合いや組織勤めが嫌いという理由で馴染めず、1年で退職。

個人での作業で力が発揮できるという自分の強みを活かし、25歳でWebマーケターとして独立。
Webメディアの運営や情報発信・デジタルコンテンツの制作や販売を手掛ける。

独立後、起業家同士の面倒な交流や人脈形成に悩み、再就職を考える。
「大切な人だけを大切にしていれば幸せになれる」と考えを改め、人との関わりを大幅に減らし事業を継続する。

29歳で株式会社GREENを設立。
「自分の本当にやりたいこと、理想の人生とは何だろうか?」と考えた結果、過去の自分のように人間関係や仕事に悩み、生きづらさを抱えている人に、自分の知識や経験を伝えたいと気付く。

30歳で心理カウンセラースクールに通い、心理セラピストの資格を取得。
現在はWebマーケターとして現役で活動しながら、心理セラピストの知識を活かし、「理想の人生を明確化して実現させるWeb戦略」を発信している。

詳しいプロフィールはこちら!

  • 立てた目標がいつも達成できない。

こんな悩みを抱えている場合は、当記事をご覧ください。
PDCAサイクルを回す方法や意味を、具体例と共に解説します。

PDCAサイクルとは、計画、実行、評価、改善という、4つの工程を繰り返すことです。
当記事を読んでもらえれば、目標達成がスムーズになるPDCAサイクルが身につきます。

PDCAサイクルの意味

アシスタント
ユウキさん質問です!
目標達成にはPDCAサイクルが重要と聞いたのですが、どういう意味でしょうか?
ユウキ
PDCAサイクルとは、計画の改善作業のことです。
具体的には、次の4つの工程から成り立っています。
チェック
  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

4つのアルファベットの頭文字を取り、PDCAサイクルと呼ばれています。

Plan(計画)

あなたが達成したいと思っている目標に沿って、計画を立てます。
目標達成への、第一段階です。

Do(実行)

あなたが立てた計画を、実行します。
計画を立てて満足してしまう人がいますが、必ず実行に移しましょう。

Check(評価)

あなたの行動している内容が、「計画に沿って進んでいるのか?」「効率的に実行できているのか?」など、客観的に評価をします。

計画だけして満足してしまったり、実行したが上手くいかずに諦めてしまう、という人も多いです。
ただ淡々と実行を続けるだけでなく、定期的に実行内容を見直しましょう。

Action(改善)

あなたの行動した内容が、「計画に沿って進んでいない」「非効率的な作業が多い」という場合は、修正箇所を見つけて改善します。

計画に沿った行動へと改善することで、目標達成までの道筋が再び明確になります。

PDCAサイクルの必要性

アシスタント
PDCAサイクルが、なぜ必要なのでしょうか?
ユウキ
定期的に計画の見直しや改善を行うことで、目標達成がスムーズになるからです。

例えば、1月1日に年間目標を立てたとしましょう。

男性
今年こそはジムに通ってダイエットに励むぞ!
1年間で、10キロのダイエット計画を立てよう!
まずは1ヶ月目で2キロ落として、2ヶ月目は…。

しかし、計画通りに進まなくて、

男性
1ヶ月目から上手くいかなかったな…。
まぁ、2ヶ月目からまた頑張ろう…。

と諦めモードになってしまい、いつしか計画を立てたことすら忘れてしまう。

こんな経験、あなたも人生で一度や二度はあったと思います。
私なんて、何度この経験を味わったかわかりません 笑

でも、安心してください。
目標が、計画通りに進まないことは普通です。

計画がスムーズに進み、何のトラブルもなく目標が達成できる。
そんなことの方が、よっぽど珍しいです。

最大の問題は、ズレた計画を放っておいてしまうことです。

例えば、こんな状況を想像してください。
あなたは、山登りをしています。

3時間後に山頂に辿り着くのが目標です。
3時間で山頂に到着する地図も持っています。

あなた
この地図に従えば、3時間で山頂に辿り着くのは簡単だ!

しかし、地図を見間違えてしまい、完全にコースを外れてしまいました。
このまま闇雲に歩いていては、3時間後に山頂に辿り着くことはできません。

あなた
あぁぁ!
完全にコースを外れているではないかぁ!

この時、あなたはどうするでしょうか?
少し考えてみてください。

・・・

 

・・・

 

・・・

どうでしょうか?

  • 予定通り山頂に3時間で到着する為、コースに戻って早足で進む。
  • 山頂に辿り着くのを4時間後に変更して、コースに戻って自分のペースで歩く。

どちらも正解です。

到着までの時間に差はありますが、間違ったコースを軌道修正して、ゴールに向かって歩み始めています。
問題なのは、次の2つです。

  • 間違ったコースを歩き続ける。
  • 山頂に辿り着くのを諦めて帰る。

間違ったコースを歩き続けたり、山頂までのゴールを諦めてしまうことです。
人生における計画も、これと全く同じことが言えます。

当初の計画から大幅にズレようが、間違った方向性で歩み続けようが、それに気づいて修正することが大事です。
どれだけ計画がズレていたとしても、修正さえできれば、いくらでも遅れは取り戻せます。

チェック
  1. 計画:3時間で山頂に向かう
  2. 実行:登山を始める
  3. 評価:コースから外れていないか確認する
  4. 改善:コースに戻って早足で進む

修正後に追い上げて、予定通りに目標を達成できるかもしれません。
当初の予定よりも少し遅れてしまったとしても、目標を達成できる可能性はあります。

ポイント

計画はズレるのが当たり前!
重要なのは、計画を定期的に見直して改善すること!

PDCAサイクルを回す方法

アシスタント
確かに、計画に評価と改善は必要不可欠ですね!
具体的に、PDCAサイクルはどんな風に回していくのでしょうか?
ユウキ
PDCAサイクルとは、次の4つの手順を繰り返します。
チェック
  1. Plan(計画):まずは計画を立てる。
  2. Do(実行):立てた計画を実行する。
  3. Check(評価):実行した内容を評価する。
  4. Action(改善):評価した行動を改善する。

図で表すと、次の通りです。

PDCAサイクル

この4つの手順が、くるくると回るようなイメージですね。
今回は、具体例を挙げてPDCAサイクルを回す方法を紹介します。

Plan(計画)

ダイエットをする場合で、考えてみましょう。

女性
来月は結婚式があるから、1ヶ月で2キロ痩せようと思うわ!

まずは、1ヶ月で2キロ痩せる為の計画を立てます。

現状
  • 1日の摂取カロリーは2,200キロカロリー程度
  • 基礎代謝は1,600キロカロリー程度
  • 運動は一切していない
  • 毎日3時におやつを食べる
女性
現状はこんな感じね。
ここから計画を立てましょう。
計画
  • 1日の摂取カロリーを1,700キロカロリー以下に抑える
  • 毎日ランニング30分(250キロカロリー消費)
  • 3日置きにジムで1時間のスイミング(600キロカロリー消費)
  • 毎日3時のおやつをやめる

これはまだ、仮説の段階です。
1ヶ月間実行したからといっても、確実に2キロのダイエットに成功するとは限りません。
「実行」をした後で、「評価」と「改善」で修正をしていきます。

Do(実行)

立てた計画を、実行に移します。
1日の摂取カロリーを1,700以下に抑えて、ランニングやスイミングで運動をします。

女性
く…3時のおやつ無しは辛い…けど、頑張るわ!

計画に沿って行動しましょう。

Check(評価)

計画通りに実行ができていたか、実行した内容を評価します。

評価
  • 1日の摂取カロリーは1,700キロカロリー以下に抑えられた。
  • 毎日30分のランニングはできていなかった。
  • 3日置きにジムで1時間のスイミングはできている。
  • 毎日の3時のおやつは我慢できている。
女性
よしよし!
毎日のランニングはできていないけど、それ以外は順調に進んでいるわね!

私は毎日評価をしていますが、一週間毎でも構いません。
あまりに評価の期間が空くと修正が難しくなるので、最低でも週に1回程度は評価をした方が良いです。

Action(改善)

評価した行動で、「計画に沿っていなかった部分」や「非効率的な部分」などを改善します。

今のペースだと1ヶ月で2キロも痩せられないと判断したら、ランニングやスイミングの時間を30分増やすなど、行動量を調整してみましょう。

実際に行動してみて、1ヶ月で2キロのハードルが高すぎた、1日の計画がハードすぎると感じたら、目標数値を下げたり、1日の計画量を減らしてみましょう。

女性
ここからもうひと頑張り!

改善後は再び計画を立てて、実行に移します。
実行したら、評価をして改善する。
この流れを繰り返しましょう。

PDCAサイクルを回す方法まとめ

PDCAサイクルとは、計画、実行、評価、改善という、4つの工程を繰り返すことです。
PDCAサイクルを回すことによって、目標達成がスムーズになります。

「ビジネス」「スポーツ」「ダイエット」「勉学」など、どんな物事にも対応可能です。
上手く活用して、あなたの目標達成に役立ててくださいね。

追伸1.理想の人生を明確化して実現させるWeb戦略を、無料のオンライン講座でお伝えしています。登録者限定の動画講座や会員サイトを、今だけ特別にプレゼント中です。

追伸2.オンライン講座のLINE版も公開しています。LINE版限定のプレゼントも用意しているので、ぜひゲットしてください。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。
最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

ABOUT US

ユウキ株式会社GREEN代表取締役
創業8年目の32歳。心理セラピストの資格を持つWebマーケター。ブログ月間最高アクセス数:110万pv(2サイト)/メールマガジン登録者さん:4,059名/LINE公式アカウント登録者さん:1,725名(3アカウント)。「理想の人生を明確化して実現させるWeb戦略」を発信している。重度の筋トレ&ドラクエオタク。趣味は愛妻と愛犬と戯れること。