世の中はお金が全てか?【20代で味わったリアルな体験談】

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に執筆活動をしている、マイライフクリエイターのユウキです。

いきなりですが、あなたに質問です。
世の中はお金が全てだと思いますか?

「世の中カネが全てだ!お金次第でどうにでもなる!」という考え方を持った人もいれば、「お金は大事だと思います。でも、お金が全てとは言えないでしょう!」という考え方を持った人もいると思います。

今回は私が20代で味わったリアルな体験談を交えながら、お金に対する考え方をまとめてみました。

お金に対する考え方

あなたは、お金に対してどんなイメージを持っていますか?
ちょっと考えてみてください。

男性
お金は人を豊かにしてくれるので、沢山持っていた方が良いと思います!

というプラスなイメージを持つ人がいる中で、

女性
お金は人を不幸にするので、あんまり大金を持たない方が良いと思います!

というマイナスなイメージを持つ人も多いです。

日本では、お金に関する話はタブー視される傾向があります。
学校でお金に関する教育をすることもなければ、親からお金について詳しく学んだ人も、恐らくほとんどいないでしょう。

私が独立をしたばかりの頃、ある経営者の講演会を聞く機会がありました。
その経営者は、お金に関して次のようなことを言っていました。

経営者
お金とは、人に価値を提供したことへの対価である。
お金を沢山持っている人は、それだけ世の中の役に立ち、多くの人たちに価値を提供している。

物凄くシンプルな意見ですが、正論だと思いました。

人を騙してお金儲けをすることはともかくとして、正当な方法でお金を得ることは、それだけ人に価値を提供した証です。

特に長期的にお金を稼ぎ続けている人は、リピーターがいる証拠なので、それだけ信用されていることになります。

お腹が空いた時に飲食店に入り、物凄く美味しい定食を提供してもらった。
店内は綺麗で、接客態度も素晴らしかった。
こういう飲食店であれば、思わずもう一度行きたくなります。

しかし、料理が不味くて、店内も不衛生で、接客態度も最悪。
こういう飲食店であれば、もう二度と行きたくないですよね?

良い仕事や良いサービスをして、人に値段以上の価値を提供することは、それに見合った対価として返ってきます。

そして、お金を沢山持っていることで、大切な人を助けたり、守ったりすることができます。

お金は人を助けて守ってくれる

例えば、あなたの大切な人が病気になったと考えてください。
手術には3,000万円が必要で、用意できなければ大切な人は死んでしまいます。

このような状況下の中でも、「世の中はお金じゃない!」と堂々と宣言できますか?
恐らく、「もっとお金があれば…」と強く思うでしょう。

また、お金があると人生の選択肢が広がります。

お小遣いが月に10,000円の人は、100円の物も買えれば、3,000円の物も買えます。
お小遣いが月に1,000円の人は、100円の物は買えますが、3,000円の物は買えません。

これと同じで、年収が300万円の人と年収が3,000万円の人とでは、実現できることが全く違います。

お金は人を助けたり、守ることができる。
安心で安全な生活が送れ、
人生の選択肢も広がる。
これが現実です。

…とは言っても、「世の中はお金が全てか?」と聞かれたら、そうとは思いません。
お金以外にも、大切なことはあります。

世の中はお金が全てではない

「お金持ち=幸せ」という思い込みは、「結婚=幸せ」という思い込みと全く同じです。
少し考えて欲しいのですが、結婚をした人が全員、幸せになれると思いますか?

そんなことはないですよね。
結婚をして不幸になる人もいます。

結婚をして全員が幸せになれるのでしたら、離婚をする夫婦は一組もいないはずです。

女性
結婚さえできれば、人生は幸せに決まっている!

こんな風に、結婚自体をゴールにするのはありがちだと思います。
しかし、いざ結婚してみると、思い描いた通りの結婚生活は送れない。

女性
家事は大変だし、旦那さんの帰りは遅いし、一体何のための結婚したのか全くわからない!

後々不満が爆発して離婚してしまう、典型的なパターンの一つですね。

本当の幸せとは結婚することではありません。
結婚したその先で、パートナーとどんな人生を送るかで決まります。
お金もこれと同じです。

男性
お金さえあれば、幸せになれるに決まっている!

こんな風に考えている人は、多いと思います。

仮にあなたがビジネスで大成功を収めて、年収1億円を達成したとしましょう。
それだけで、本当に幸せと言えますか?
1億円を稼いだ瞬間は、超絶ハッピーかもしれません。

しかし、仕事が忙しくて、お金を使う時間がなかったら?
ストレスで健康を害し、寝たきりになってしまったら?
家族も友人もおらず、常に一人きりの生活だったら?

幸せはあまり感じられないかもしれません。
「お金」は大切ですが、「時間」「健康」「人間関係」など、他にも大切なことは沢山あります。

以前、メンタリストのDaiGoさんが、お金をコーヒーカップに例えてこんなことを言っていました。

自分の必要量の入るお気に入りのコーヒーカップに、満足できる量の八分目か九分目くらいのコーヒーが入っている量が理想である。
小さいカップでは溢れてしまうし、ビールジョッキなどの大きすぎるサイズでは、飲みづらく消化不良を起こしてしまう。

「1日中大好きな本が読めて、年に1回海外旅行に行ければ幸せだ!」という人は、年収1,000万円でも幸せに暮らせるかもしれません。
逆にいきなり1億円の大金が入ってきたとしても、使い方がわからずに戸惑います。

要はバランスの問題であり、お金を沢山持っていれば良いという訳ではありません。

20代で味わったリアルな体験談

私は25歳の頃に独立したのですが、その当時、経営者の先輩からこんなことを言われました。

先輩
お金を稼ぐことをゴールにするのは駄目だよ。
本当のゴールは、お金を稼いだその先にあるからね。

その言葉を聞いて私は、

ユウキ
意味がわからん!
お金さえあれば幸せになれるだろう!

と思っていました。
今にして思えば、だいぶ擦れた若造ですね 笑

当時はよく理解できなかったのですが、今では先輩から言われた言葉の意味がよくわかります。

会社を設立した時の心境

私は29歳で会社を立ち上げたのですが、その時は毎月200万円近い利益が発生しており、経済的には余裕がありまくりでした。

私も妻も、物欲はそこまで高くありません。
とりあえず仕事の効率を上げる為に、新作のiPhoneとiPadを購入し、経費で落とせる為、デスクと椅子も新調しました。

20インチの液晶テレビを50インチの大型テレビへと買い替え、ソファとニンテンドースイッチも購入しました。

50インチテレビ

その他にも、美味しいものを食べたり、旅行へ出かけたり、欲しい服を買ったり、私と妻が望むことは大抵実現できました。
自動で収益が上がるように仕組み化をしたので、自由に過ごせる時間もあります。

朝は何時に起きても自由ですし、夜寝る前も仕事で憂鬱な気分になることはありません。
平日の真昼間から、妻と愛犬とドッグランに出かけることもあれば、いきなり山梨の温泉へ一泊することもありました。

山梨の温泉旅館

絶叫マシンに乗りたいからという理由で、富士急ハイランドのFUJIYAMAにも乗りました。
意外にも絶望要塞が面白かったです。

絶望要塞

社員は一人も雇っていないので、仕事は常に私一人でこなしています。
面倒な人間関係に悩まされることはありません。

身体も健康そのものです。
筋トレが趣味なので、仕事をする前にジムへ向かい、週3〜4ペースで身体を鍛えています。

最初は楽しかったのですが、途中から心が全く満たされなくなりました。
理由は単純。
ビジネスの目的を失ったからです。

目的の見失い

私は元々、「面倒な組織や人間関係から解放されて自由になる」という目的を持って独立しました。
経済的にも時間的にも余裕ができ、人間関係も良好で身体も健康そのもの。
29歳である程度の自由を手にし、何の為にお金を稼いでいるかわからなくなりました。

ちょっと想像してみてください。

あなたは必死にフルマラソンを走って、ゴールテープを切りました。
しかし、ゴールをした後はゴール付近で立っているだけ。

そんな人生、面白いと思いますか?
走っている間は楽しいでしょうし、ゴール直後は目的を達成して喜ぶかもしれません。

しかし、その後はゴール付近に立っているだけの人生だとしたら、つまらないと思いますよね?
当時の私の心境は、まさしくそのような感覚でした。

「お金を稼ぐことをゴールにするのは駄目だよ。本当のゴールは、お金を稼いだその先にあるからね。」
この時に初めて、その言葉の意味がわかりました。

目的を見失って気付いたこと

それから自分のやりたいことを考えた結果、昔の自分のように、仕事や人間関係など、生き方に悩んでいる人に「理想的な生き方を伝えていきたい」と気付きました。

こうして今では、「個人が理想とする人生を明確化して、実現させる為の気づきやきっかけを与える」という目的を持ってビジネスをしています。

お金は大事です。
しかし、「お金」だけではなく、「目的」「健康」「時間」「人間関係」「心の豊かさ」など、バランスが重要だと思います。

  • 目的:どんな目的を持って生きるのか?
  • 健康:心と体は健康か?
  • お金:やりたいことを実現できるお金はあるか?
  • 時間:やりたいことを実現できる時間はあるか?
  • 人間関係:良好な人間関係を築けているか?
  • 心の豊かさ:環境に感謝をして生きているか?

会社を立ち上げてビジネスの目的を失った経験がなければ、恐らく今の私は存在していません。
そう考えると、20代で良い経験をしたと思います。

お金に対する考え方まとめ

大抵の物事はお金があれば解決できますが、世の中はお金が全てとは言い切れません。
お金以外にも大事なことは沢山あります。

そういえば、1万円の原価は30円らしいです。
お金自体には価値はなく、使って初めて価値が出ます。

10万円のフルコース料理を食べても、一緒に食事をしている人が、あなたの大嫌いな上司であれば、その料理には10万円の価値を感じられないかもしれません。

一杯750円のラーメンでも、一緒に食事をしている人が、あなたの大好きなパートナーであれば、そのラーメンには750円以上の価値を感じられるかもしれません。

お金はただの引換券。
何に対してお金を使うのかが、大事ということですね。

追伸1.自分だけの理想の人生を創り出す、無料のオンライン講座を開設しました。理想の人生を送る為の3ステップ動画や、人生の目的を明確にする為の実践マニュアルをプレゼント中です。

追伸2.公式LINEでは、お友だち限定のお得な情報をお届けしています。登録後、すぐに受け取れる特別プレゼント付きです。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。

最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ブログ執筆者:ユウキ マイライフクリエイター 起業7年目(法人3期目) 「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」 そんな理念に掲げて、執筆活動をしながらビジネスを行う。 「自分だけの人生を創造する」がブログのコンセプト。 筋トレ、旅行、映画、ドラクエ好き。 Webマーケティングが得意分野。 専業主婦の妻と、白い愛犬ムースと、のんびりライフを満喫中。