自分のペースでのんびり生きる人生戦略

第1章:内向型人間の誕生!

    
\ この記事を共有 /
第1章:内向型人間の誕生!

どうもユウキです( ´ ▽ ` )ノ
ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。

どうもユウキです( ´ ▽ ` )ノ
ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます。

夫よ。
ついに本編がスタートだね。

ユウキ

うむ。
今回は僕の偏屈すぎる学生生活のお話だよ!

今回は自伝の第1章です!
序章を読んでいない場合は、下記の一覧からご覧ください( ´ ▽ ` )ノ

題名
序章超マイペースな内向型にんげんの生き方
第1章内向型人間の誕生!
第2章2時間の監禁の末に…。
第3章なぜか主夫になる!?
第4章貯金0円の結婚生活。
第5章心と体の崩壊!
第6章起業家付き合いの憂鬱…。
第7章恐怖!税金の支払い!
第8章内向型社長の誕生!
第9章そして新たな人生が始まる…。
第10章あなたに伝えたいこと。

生きづらさを抱えた学生時代

私は幼い頃から、人が当たり前にしていたことが、当たり前にできない人間でした。
特に顕著だったのが、学校生活です。

毎朝友達と待ち合わせて学校へ行くのが苦手。
クラスのように大勢の人に囲まれた空間が苦手。
体育や部活動などの集団行動やチームプレイが苦手。
決められた時間に決められた授業を受けるのが苦手。

簡単に言えば、人付き合い・集団行動・縛られた空間などが、大の苦手・嫌いです。

そんな性格をしているため、

ユウキ

皆、よく平然と学校に通えるな。
学校でさえ苦痛なのに、将来、会社でなんて働けるのだろうか…。

と、小学生ながらに思っていました 笑

教育を受けられるのは恵まれている。
今ではそう思っていますが、子どもの頃はそんなことを考えません。

学校生活では環境や人間関係に生きづらさを感じることが多く、幼稚園や小学校は休みがちでした。
中学進学後は少しずつ学校生活に適応できるようになりましたが、部活動の経験は一度もありません。

そして高校時代は、見事なまでのダメ人間っぷりを発揮しました。
高校に入学してすぐ、たまたま健康診断の検査に引っかかり入院します。

ユウキ

よっしゃ!
これで堂々と学校休めるぞ!

と思いながら、意気揚々と入院したのを覚えています。
割とすぐに退院をしたのですが、学校に行くのが面倒だったので1学期を丸々休学しました。

私の通っていた学校は、1教科でも出席日数が足りないと留年が決定します。
1学期を丸々棒に振ったので、2学期が始まった時点で、保険の授業を1日休んだら留年決定の状態でした。

ここで大問題が起こります。
2学期が始まってすぐに、私の大好きなドラゴンクエストシリーズの新作が発売されたのです。

「ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君」
その面白さに魅入られた私は、学校そっちのけで必死にプレイしました。

神鳥レティスの上で暗黒神ラプソーンと戦っている時、担任の先生から電話が来ます。

ユウキくん。
今日の2限目に来ないと、進級ができないよ…。

先生
ユウキ

すいません。
体調が悪いので、今日は行けそうにありません。

進級とドラクエを天秤にかけた結果、私はドラクエを選びました。

留年が決定した日、クラスメイトから大量の留守電とメールが届いていました。

みんな、心配してくれてどうもありがとう。
だが実際は、家でドラクエをしていただけなんだ…。

ちなみに、私の学年には600人ほどの生徒がいたのですが、この時の成績は学年で下から3番目でした。

10段階評価で美術だけが2で、その他の教科は全部1。
オール赤点です。

この成績だったら、諦めもつくね。

ユウキ

ここまできたら、オール1の方が良かったけどね 笑

そんなこんなで2回目の1年生がスタート。

側から見たら病気で留年した気の毒な男子生徒ですが、現実はただドラクエにハマって学校をサボっていただけの自堕落人間です。
自業自得以外の何者でもありません。

この頃から私の心境に変化が現れました。

ユウキ

これまで親に迷惑をかけすぎているな。
僕の行きたい私立の高校に進学させて貰ったのに、ドラクエのやりすぎで留年しているし。
一体どれだけの学費を無駄にしてきたんだ…。
これからは真っ当な人生を歩むようにしよう。

それからの3年間は真っ当に勉学に励み、成績も上位50位以内に食い込みました。

関わる同級生は全て1個下ですが、年齢のことは気にしない性格だったので(笑)、上手く溶け込んで学校生活を送っていました。
恐らくこの3年間で、コミュニケーション能力は大幅に向上したと思います。

そして無事に高校卒業!
高校を卒業した時、ようやく人として成長できたような気がしました。

幼稚園、小学校、中学校、高校と、毎日苦痛を感じていた私にとって、大学は最高の学び場でした。

・講義の選択が自由
・学校へ行く時間も自由
・付き合う人が自由
・卒論のテーマが自由
・服装も髪型も自由

高校までは学校が苦痛で仕方なかったのですが、大学は毎日通いたくて仕方なかったです!

そんなある日、友人の紹介で一人の女性と出会います。
今の妻です。
優しくて思いやりがある、純粋な女性でした。

出会った頃の妻に、

ユウキ

どうして、そんなに人に優しくできるんだい?

と質問をしたことがあります。

その時に妻は、

人の良い部分に目を向けるようにしているからかな。

と答えました。

妻は人の良い部分を見つけるのが、圧倒的に上手いです。

人付き合いや集団行動を苦手とする私に対しては、

・マイペース
・自己管理ができる
・軸がある
・意思が強い
・人に流されない
・継続力がある

と良い部分を見つけ、プラスに捉えてくれます。

人はどうしても、欠点に目を向けがちです。

女性

わたしは、集団行動が苦手…。

男性

俺の部下は、営業が下手くそだ…。

しかし、人の強みに目を向けて伸ばすことで、自分自身はもちろん、人の人生を豊かにできる。

女性

わたしは集団行動が苦手だけど、一人でコツコツ作業をするのはすっごく得意!

男性

俺の部下は、物腰が柔らかくて丁寧だ!
彼の良さを活かしてあげた方が、もっと成績が伸びるかもしれない!

妻と接していると、そんなことを感じました。

ふふふ…。
もっと褒めてくれて良いのだぞ。

大学生活での経験や妻との出会いによって、私は自分の特徴を少しずつ理解してきました。
人から強制させられた環境では力が発揮できず、自分のペースでのびのび活動できる環境では力が発揮できる!

卒業論文は3年かけてじっくり研究し、表彰状までもらいました。
自分のペースで研究できるのが、楽しくて仕方なかったんです 笑

ユウキ

幼稚園・小学校・中学校・高校と、生きづらい学生生活を送ってきたけど、大学生活は最高だ!

これまでと打って変わって、順風満帆な大学生活を送るようになった私。
しかし、この後に地獄のような日々が待っていることを、この時の私はまだ知りませんでした…。

第2章へ続く!

関連記事:第2章:2時間の監禁の末に…。