時間とお金はどちらが大切か?【ひげ脱毛から学ぶ効率化の重要性】

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」を目的に執筆活動をしている、マイライフクリエイターのユウキです。

あなたは「時間」と「お金」の、どちらが大切だと思いますか?
私は独立をしてから、時間をお金で買う機会が増えました。

  • タクシーにお金を払って、歩いて移動するはずだった時間を確保する。
  • 外注さんにお金を払って、自分が仕事をするはずだった時間を確保する。

お金を払うことで、自分の時間を確保しています。
今回は時間をお金で買うことの重要性や、仕事を効率化する為の考え方などを、私の体験談を交えながらまとめてみました!

時間とお金はどちらが大切か?

「時間とお金はどちらが大切か?」

これはしばしば議論されるテーマです。
もちろん両方とも大切なのですが、片方を選べと言われれば、私は時間を選びます。

お金は増やせても、時間は増やせないからです。

例えば、時給1,000円の仕事は、60分の時間を1,000円のお金へ変換しています。
時給を2倍にすれば、60分で2,000円を稼げます。
10倍にすれば、60分で10,000円を稼げます。
100倍にすれば、60分で100,000円を稼げます。

世の中には、1時間で数百万円を稼ぐ人間だっています。
時間をお金に変換するには制限がありませんが、お金を時間に変換するには制限があります。

お金を払って人に仕事を任せた場合、その分の時間は確保できます。
しかし、どれだけ人を雇ったところで、1日を24時間以上には増やせません。
これが、お金よりも時間が大切な理由です。

ポイント
お金はいくらでも増やせるけど、時間だけは増やせない!

時間を無駄にしないこと

時間はお金よりも貴重である。
しかし、多くの人はこの事実に気付いていません。

こんな場面を想像してみてください。
A子さんは時給900円のパートで働いている、節約が大好きな専業主婦さんです。
今日もできるだけ安く食材を揃えようと、意気揚々と買い物に出かけました。

女性
今日も買い物を安く済ませるわよ!

10分先のスーパーAでは、ニンジンが1本100円。
30分先のスーパーBでは、ニンジンが1本50円。

女性
スーパーBではニンジンが50円!
これは節約大好き人間A子の血が騒ぐわ!
30分かけてスーパーBへニンジンを買いに行きましょう!

この場合、A子さんは50円得すると思いがちですが、時間で考えると20分損しています。
A子さんは時給900円のパートで働いているので、彼女の20分には300円の価値があります。
つまり、お金で考えた場合、A子さんは50円を得する為に300円を失っています。

女性
な…何てことなの!

スーパーBの方が1万円得をする!ぐらいであれば、A子さんは30分かける価値はあるかもしれません。
しかし、わずか50円のために30分かけるのは、時間もお金も非常に勿体無いということです。

女性
これからは、近いスーパーで買い物をします…。

ビジネスでは時給を意識すべき

私が独立した時に、経営者の先輩から言われたことがあります。

先輩
ビジネスをする時は、時給を意識するべきだよ!
自分の時間の価値を高める必要があるからね。

会社員は時間に対してお給料が支払われますが、自分でビジネスをする場合はそうはいきません。
1時間で100円しか稼げない人もいれば、1時間で1,000,000円を稼ぐ人もいます。
自分の裁量で時給が大きく変わります。

できるだけ少ない労働時間で、大きなお金を稼ごうと意識するのが大切です。

3人の収入パターンの例

ここで、3人の収入パターンを見てみましょう。

会社員Aさん
会社から月収50万円をもらっています。
完全週休2日制、1日8時間労働なので、月の労働時間は約160時間です。
時給に換算すると、およそ3,125円です。
会社経営者Bさん
月収135万円を稼いでいます。
休みなく毎日18時間働いているので、月の労働時間は約540時間です。
時給に換算すると、およそ2,000円です。
個人事業主Cさん
月収20万円を稼いでいます。
3日に1時間しか働かないので、月の労働時間は約10時間です。
時給に換算すると、およそ10,000円です。

収入で考えれば、月収135万円を稼いでいるBさんが一番多いです。
しかし、月の労働時間は540時間と休みなく働いています。
時給に換算すると2,000円なので、会社員のAさんより低いです。

一番収入が低いのは、月収20万円のCさんです。
しかし、月の労働時間はわずか10時間。
時給換算で10,000円です。

3人の中で1時間の価値が最も高いのはCさんです。

この3人は自分自身で働いていますが、人を雇って代わりに働いてもらう方法があります。
1日8時間働く場合、自分1人では8時間の仕事量しかこなせません。
しかし、2人の人間を雇った場合、3倍となる24時間分の仕事量がこなせるようになります。

1人雇うのに20万円掛かったとしても、1人50万円分の働きをしてくれれば、利益は30万円です。
自分の時間を使うことなく、時給を高められます。

人に任せることで浮いた時間を他の作業に使えば、更なる収入アップも可能です。
単純に月収を見ただけでは、時給はわかりません。
だからこそ、時間の価値を高めることが大切です。

ポイント
時間の価値を高める為に、時給を意識すべし!

効率化には人とツールを活用すべし

ビジネスの時給を高めるには、「人」や「ツール」を上手く活用しましょう。

以前、エクセルのデータをネット上に入力するという作業がありました。
時間にすると、3~4時間程度は掛かります。
凄い面倒ですが、稼ぎに直結する大事な作業です。

しかし、この作業は私がやる必要はありません。
エクセルのデータを移すだけの単純作業なので、誰がやっても同じです。

そのため、クラウドワークスで雇った人にお任せました。
浮いた時間を使って、メルマガを書きたかったからです。
エクセルのデータ入力は誰でもできますが、メルマガは私にしか書けません。

もう一つ重要なのが、ツールの存在です。
「Google日本語」という便利ツールをご存知でしょうか?
このツールをパソコンに導入すると、入力した文字を予測変換してくれます。

「ぱそこ」→「パソコン」
「あいふ」→「iPhone」
こんな風に少し文字を入力しただけで、その先の単語を予測して変換してくれます。
最後まで文字を入力する必要がなくなるので、メルマガを書くスピードが大幅アップです。

人を頼らず、ツールも使わず、全てを自分でこなす場合は時間が掛かります。
だからこそ、人に任せられることは任せ、ツールで代用できることは代用する。
空いた時間で自分にしかできない作業をこなしていく。

こういった流れを意識することで、作業を効率化できます。
何もかもを自分でこなすのではなく、手を抜ける部分は人やツールにお任せしましょう。

ひげ脱毛による効率化

以前、お金を時間に変えようと思い、ひげ脱毛をしたことがあります。
ひげを脱毛すれば、ひげ剃りに掛かる時間を短縮できるからです。

今は男性も脱毛する時代だから!
ひげがない方が、綺麗でカッコイイよ!

ずいぶんと長い間、妻からこんなことを言われて生きてきました。

ユウキ
ひげは男の象徴だ!

という考えもあったので、永久にひげを脱毛してしまうというのは、どうも抵抗があったんですよね。

そうは言っても、外出時には毎回ひげを剃りますし、その度に口まわりが荒れて痛々しい見た目になります。
毎回痛い思いをしながら、外へ出かけていました。

ユウキ
ひげを生やす時期はほとんどないし、美容面では脱毛した方がメリットが多いな。
ひげを剃る時間を短縮できると考えれば、業務の効率化にもなるぞ!

そんな風に考え方も変わってきて、湘南美容クリニックでひげ脱毛をすることになりました。

いざ湘南美容クリニックへ

ひげ脱毛は6回で29,800円なので、思ったよりも安かったです。

妻は学生時代に約40万円で足と脇を脱毛していましたが、その頃に比べて今はだいぶ安くなったようです。
妻は脱毛を24回払いで行なっていたので、その後はローン地獄に苦しんでいました。

今となっては良き思い出…。

脱毛は1回では効果はありませんが、何度も繰り返して行うことで、永久にひげが生えてこなくなります。
脱毛の回数には個人差があるものの、私はひげが薄いので、12回もやればひげは生えてこなくなるだろうとのこと。

多く見積もっても10万円程度です。
これでひげ剃りの煩わしさから解放されて、時間的にも余裕ができると考えると安いです。

1回の施述に掛かる時間は15分程度。
料金的にも時間的にも、負担はほとんどありません。

ただし、脱毛はめちゃくちゃ痛いです。
「ゴムで皮膚を弾かれた痛み」とよく例えられますが、そんな生易しいものではありません。

大人になってから、痛みで初めて泣きました。
施術の日は毎回涙を流しております。
それぐらい痛いです。

施術するクリニックや機械によっては、痛みが少ないものや痛みを和らげる麻酔もあります。
もしもあなたが今後脱毛をすることがあり、痛みに耐えられない場合はお医者さんと相談してください 笑

ユウキ
特にひげが濃い部分は痛いよ…。

ひげ脱毛による効果

まだひげ脱毛は完璧に終えてはいませんが、美容面でも時間面でもかなりメリットがありました。
脱毛を終えた後は、2週間程度でポロポロとひげが抜け落ちてきて綺麗になります。

元々ひげが薄かったのもありますが、毎日ひげを剃る必要はないですし、剃る場合も20〜30秒程度で終わります。
ひげ剃りで肌が荒れることもなくなりましたし、何より時間が浮きました。
ひげを剃る時間は意外と馬鹿になりません。

毎日ひげ剃りに3分使うとしたら、年間で約18時間。
50年でなんと900時間超え。
10年間のうち37日以上をひげ剃りに費やしています。
(想像すると何ともシュールな光景ですね。)

地味にお金も掛かります。
シェービング代に月に1,000円使っている場合は、年間12,000円。
50年で600,000円です。

50年で600,000円も使うのであれば、早いうちに脱毛した方がメリットがあると思います。
脱毛代を差し引いても、500,000円もお得です。
肌は綺麗になり、面倒な作業も無くなり、時間が浮きます。

大抵の物事は、お金を払えば効率化できます。
1時間エクセルにデータを打ち込む場合も、外注さんに依頼すれば代わりに作業をしてくれます。
食後の皿洗いに20分費やしている場合も、食洗機を買えば食器をセットするだけで終了です。
駅から徒歩30分の距離を歩く場合も、タクシーに乗ればわずか10分で到着できます。

1日10分という短い時間でも、1年間積み重なればおよそ60時間です。
60時間もあれば、本を読んで知識をつけることも、仕事に励んでお金を稼ぐことも、何でもできます。

時間とお金の関係性まとめ

「時は金なり」という言葉があるように、時間はお金以上に大切です。
電車賃を節約するために歩いたり、家賃が安いからと言って職場から離れた場所に住んだり、節約しているつもりでも、損をしていることもあります。

特にビジネスをする場合は、時給を意識して自分の時間の価値を高めることが大事です。
使ったお金以上のリターンを見込める場合は、お金を使って業務を効率化させましょう。

そういえば、以前とある芸術家の方が、「髪の毛を永久脱毛してカツラを被れば、毎朝髪の毛を整える時間を短縮できる!」と言っていました。

これぞ究極の効率化ですね。
素晴らしいと考え方だと思います。

私はさすがにやりません!笑

追伸1.自分だけの理想の人生を創り出す、無料のオンライン講座を開設しました。理想の人生を送る為の3ステップ動画や、人生の目的を明確にする為の実践マニュアルをプレゼント中です。

追伸2.公式LINEでは、お友だち限定のお得な情報をお届けしています。登録後、すぐに受け取れる特別プレゼント付きです。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。

最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ブログ執筆者:ユウキ マイライフクリエイター 起業7年目(法人3期目) 「個人が理想とする人生を明確化し、実現させる為の気づきやきっかけを与えること」 そんな理念に掲げて、執筆活動をしながらビジネスを行う。 「自分だけの人生を創造する」がブログのコンセプト。 筋トレ、旅行、映画、ドラクエ好き。 Webマーケティングが得意分野。 専業主婦の妻と、白い愛犬ムースと、のんびりライフを満喫中。