Googleリスティング広告の始め方・やり方を担当者に聞いてみた!

ブログをお読み頂き、どうもありがとうございます。
ユウキです^^

  • Googleリスティング広告(Google検索広告)を使ってみたいけど、始め方・やり方が全くわからない!

そんな悩みを抱えている場合は、当記事を最後までご覧ください。

Googleリスティング広告を使ったことがない初心者さんに向けて、始め方・やり方を詳しく解説しました。

当記事を読んでもらえれば、Googleリスティング広告を活用して集客ができるようになります。

記事の信憑性

筆者は2014年からWebマーケターとして活動し、Webメディアの運営や情報発信、ブログやメールマガジンを活用した集客や商品販売、広告運用などを実践しています。
2020年には、弊社が運用しているGoogle広告アカウントに、Google広告の公式サポートが付きました。

担当者の方に、Googleリスティング広告の基礎知識や、コンバージョンを上げる為の広告運用のポイントなどを、詳しく解説して頂きました。
現在も、リアルタイムでGoogleリスティング広告を運用中です。

弊社の経験や公式サポートの内容を元に、Googleリスティング広告の始め方・やり方を解説します。
ぜひ、あなたの広告運用の参考にして頂けると幸いです。

※「Googleリスティング広告って何?費用はいくらぐらい掛かるの?広告にはどんな種類があるの?」という場合は、当記事よりも先に下記の関連記事をご覧ください。
Googleリスティング広告の基礎知識を、初心者さんに向けて詳しく解説しています。

Googleリスティング広告とは?【費用・種類・設定などを全て解説】

Googleリスティング広告の使い方とは?

アシスタント
Googleリスティング広告の基礎知識が身に付いたので、いよいよ広告運用をしていこうと思います。
具体的な使い方を知りたいです!
ユウキ
まずは、広告の使い方を理解しておきましょう。
Googleリスティング広告は、大きく次の3通りの使い方があります。
チェック
  1. ブログ・サイトの記事にアクセスを送る
  2. ランディングページにアクセスを送る
  3. セールスページにアクセスを送る

ブログ・サイトの記事にアクセスを送る

Googleリスティング広告から、ブログやサイトの記事にアクセスを送るというやり方。

Googleリスティング広告の説明

会社・個人・商品・サービスなどを認知してもらう為の戦略ですね。
まずは見込み客に興味・関心を抱いてもらい、そこからランディングページやセールスページへと誘導します。

ブログやサイトの記事は、広告を使わないでもSEOで上位表示が可能です。
認知という意味では効果的ですが、ランディングページに直接アクセスを送る方が効率的だと思います。

ランディングページにアクセスを送る

Googleリスティング広告から、ランディングページにアクセスを送るというやり方。

Googleリスティング広告の説明

ランディングページとは、名前・住所・電話番号・メールアドレス・LINEなど、顧客情報(顧客リスト)を取得するページのことです。

顧客リストを取得することで、見込み客に対して、電話をかけたり、ダイレクトメール・メルマガ・LINEなどを配信できるようになります。

見込み客と信用を築いてから商品を販売することで、成約率がアップする可能性が高いです。
広告運用の、最も王道な使い方と言えるでしょう。

セールスページにアクセスを送る

Googleリスティング広告から、セールスページにアクセスを送るというやり方。

Googleリスティング広告の説明

セールスページで、自社製品の販売やアフィリエイトを行い、収益化します。

広告から直接商品を販売する為、収益化のスピードは早いです。
ただし、見込み客との信頼関係が築けていない状態なので、かなり魅力的な商品や、緊急性のあるオファーでなければ、その場で成約させることは難しいです。

まずは、ランディングページで顧客リストを取得して、メルマガ・LINEなどで信用を築く。
もしくは、商品購入を迷っている人に向けて、無料サンプルや資料請求の項目を用意する。

このような工程を挟んだ方が、成約率が高くなる可能性は高いです。

Googleリスティング広告の始め方・やり方とは?

アシスタント
なるほど!
私は、広告からランディングページにアクセスを送って、お客さんとの信用を築いてから商品を販売するようにします。
Googleリスティング広告は、具体的にどんな手順で始めれば良いのでしょうか?
ユウキ
Googleリスティング広告の始め方は、次の5ステップです。
画像付きで、やり方を解説しますね。
チェック
  1. Googleアカウントの作成
  2. キャンペーンの設定
  3. 広告グループの設定
  4. 広告の設定
  5. コンバージョンの設定

Googleアカウントの作成

Google広告を利用する為には、Googleアカウントの登録が必要です。
Googleアカウントを持っていない場合は、下記のURLからアカウントを作成してください。

Googleアカウントを作成する
⇒ Googleアカウント

キャンペーンの設定

Googleアカウントを作成したら、下記のURLからGoogle広告へログインしてください。

Google広告へログインする
Google広告

まずはキャンペーンの設定を行います。
キャンペーンとは、広告運用の目的やターゲットなど、大枠を決めることだと思ってください。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

「新しいキャンペーンを作成」をクリックします。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

キャンペーンで達成したい目標を選択しましょう。
今回は顧客リストの取得を目的にするので、「見込み顧客の獲得」を選択します。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

キャンペーンタイプとは、広告の種類のことです。
今回はGoogleの検索エンジンに広告を表示させるので、「検索」を選択してください。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

「続行」をクリックしましょう。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

キャンペーン名は任意で入力してもらって構いません。
ネットワークは、「検索ネットワーク」を選択します。

「詳細設定を表示」をクリックして、広告の開始日と終了日を入力してください。
終了日なしにチェックを入れると、広告がずっと表示され続けます。

広告はいつでもオン・オフの切り替えができる為、終了日なしにチェックを入れて、様子を見ながら切り替えてもらってもOKです。

とりあえず数日だけ試してみたいという場合は、一週間程度の期間を指定してみましょう。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

ターゲット地域は「日本」、言語は「日本語」を選択します。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

1日あたりの予算を入力しましょう。
1,000円と入力した場合は、1,000円分のクリックがされた後は、広告が表示されなくなります。

入札単価では、「または、入札戦略を直接選択します(非推奨)」をクリックしてください。
ここでは、広告運用の戦略を選択します。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

Googleの広告担当者さんに詳しくお聞きしたのですが、これから広告運用を行っていく場合は、次の流れがおすすめです。

チェック
  1. クリック数の最大化:予算内でクリック数を最大限に獲得できるように、Google側が入札単価を自動調整してくれる。
  2. コンバーション数の最大化:予算内でコンバージョン数を最大限に獲得できるように、Google側が入札単価を自動調整してくれる。
  3. 目標コンバーション単価:指定したコンバージョン単価以下で、コンバージョン数を最大限に獲得できるように、Google側が入札単価を自動調整してくれる。

広告がクリックされない限りは、コンバージョン(成約)には繋がりません。
まずは「クリック数の最大化」を選択して、広告にアクセスを集めましょう。

ある程度データが溜まってきたら、コンバージョンの高いキーワードを残し、コンバージョンの低いキーワードを排除していきます。

補足

「キーワード」⇒「検索語句」とクリックすると、キーワードのクリック率やコンバージョン率を調べられます。

Googleリスティング広告の広告の設定方法

クリック率やコンバージョン率の悪いキーワードを除外することで、キーワードの精度を高められます。

その後、「コンバージョン数の最大化」を選択し、コンバーション数を最大まで高めましょう。

コンバーション数が高まってきたら、目標コンバーション単価を設定します。
「今まで1コンバーションの平均単価が5,000円だったから、今度は平均単価を4,000円まで下げてみよう!」というように、広告の費用対効果を高めることができます。

難しくてわからない場合は、とりあえず「クリック数の最大化」を選んでおけばOKです!

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

「詳細設定」をクリックすると、広告が表示させるスケジュールを設定できます。
特に必要ない場合は、設定しないでも構いません。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

「広告表示オプション」では、「コールアウト表示オプション」を設定していきましょう。
「+新しいコールアウト表示オプション」をクリックしてください。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

「コールアウト表示」とは、設定したキーワードがランダムに広告に表示されるようになります。
「Webマーケティング講座」「無料プレゼント配布中」「期間限定プレゼント配布中」など、アピールできるキーワードを入力しましょう。

検索者が求めているキーワードが自動的に表示される上、キーワードが表示された分だけ、広告が表示される幅が広くなる為、クリックされる可能性が高くなります。

Google広告の担当者さん曰く、「コールアウト表示オプション」を使わないのは、めちゃくちゃ勿体ないとのことです。
(私は、担当者さんから話を聞くまでは、全く設定していませんでした 笑)

「コールアウト表示オプション」は無料で使える為、最低でも10個程度のキーワードは記入しておきましょう。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

その他にも、広告にサイトリンクや電話番号を表示させるなど、オプションの種類はたくさんあります。
あなたの広告に合わせて、最適なオプションを利用してみてください。

Googleリスティング広告のキャンペーン設定方法

設定が完了したら、「保存して次へ」をクリックしましょう。

広告グループの設定

広告グループでは、キーワードを入力していきます。

Googleリスティング広告の広告グループの設定方法

「広告グループ名」は任意でOKです。

URLに入力すると、ページに関連したキーワードが、自動で設定されます。
例えば、Webマーケティングに関連したページであれば、「集客 広告」「集客 web」「集客 ネット」などが入力されます。

  • あなたの広告に興味を持ってくれるのは、どんなキーワードで検索をしてくる人か?
  • あなたの商品を購入してくれるのは、どんなキーワードで検索をしてくる人か?

これを考えて、キーワードを入力してみましょう。

キーワードを考える場合は、「ラッコキーワード」や「キーワードプランナー」を上手く活用すると良いです。
下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

キーワード選定のやり方!【初心者に上位表示のコツを解説】

Googleリスティング広告の広告グループの設定方法

キーワードの入力が完了したら、「保存して次へ」をクリックしましょう。

広告の設定

いよいよ、検索された時に表示される、広告を作成します。

Googleリスティング広告の広告の設定方法
チェック
  • 最終ページURL
    広告にアクセスした時に表示される、ページのURLを入力します。
  • 広告見出し1・2・3
    広告の見出しを入力します。
    見出しは3つまで入力できます。
  • パスを表示
    広告にアクセスした時に表示される、ページのURLを入力します。
    入力すると、広告上にURLが表示されるようになります。
  • 説明文1・2
    広告の説明文を入力します。
    説明文は2つまで入力できます。
Googleリスティング広告の広告の設定方法

「広告のURLオプション」をクリックすると、モバイル用のページも設定できます。
パソコンとスマホで広告のリンク先を変えたい場合は、「モバイル用に別の最終ページURLを使用する」にチェックを入れて、スマホ専用ページのURLを入力してください。

  • パソコンでアクセスをしてきた人にはメールアドレスを取得するランディングページにリンクを送る。
  • スマホでアクセスをしてきた人にはLINEを取得するランディングページにアクセスを送る。

こんな設定ができるようになります。

Googleの広告担当者さんからアドバイスされたことですが、広告は3〜5個程度は作成した方が良いです。
広告によって、反応率が変わってくれるからです。

その際には、下記のようにアピールポイントを変えて広告を作ってみてください。

Webマーケティングの無料オンライン講座へ集客したい場合。

  • 実績重視
    5,000人以上を集客したWebマーケティング
  • プレゼント重視
    29,800円相当のWeb集客の教科書をプレゼント
  • 限定性重視
    100名限定で無料でお試しできます

反応率の高い広告を残すことで、費用対効果が高くなります。
下記の記事では、キャッチフレーズの作り方も解説しているので、広告の見出し分を考える際の参考にしてみてください。

ランディングページの作り方とは?【制作方法や構成の例を公開】

Googleリスティング広告の広告の設定方法

「完了して次の広告を作成」をクリックすると、新しい広告が作成できます。
「保存して次へ」をクリックすると、広告の設定が完了します。

Googleリスティング広告の広告の設定方法

これで、Googleリスティング広告の設定は完了です。
Googleの審査が行われ、問題がなければ広告が表示されるようになります。

コンバージョンの設定

広告の設定が終わったら、コンバーションの設定を行いましょう。
コンバーションとは、成約率のことです。

例えば、広告からランディングページに100人がアクセスしたとします。
そのうちの5人が、メールアドレスを入力してくれた場合、コンバージョン率は5%です。

100(クリック数)×5(登録者数)×0.01=5%(コンバージョン率)

何も設定をしなければ、コンバージョン率が測定できません。
その為、広告を作成したら、必ずコンバージョン設定を行いましょう。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

右上の「ツール」をクリックして、「コンバーション」を選択します。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

「+」マークをクリックしましょう。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

「ウェブサイト」を選択してください。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

「カテゴリ」と「コンバーション名」は任意で構いません。
今回は顧客リストの取得が目的なので、「申し込み」を選択します。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

値は「すべてのコンバーションに同一の価値を割り当てる」を選択します。
複数の商品を販売する場合は、「コンバーションごとに異なる価値を割り当てる」を選択します。

顧客リストの取得が目的の場合、カウント方法は「初回のみ」がおすすめです。
「全件」にチェックを入れた場合、1人の人間が間違えて二重で登録してしまった場合、コンバーションが2回分カウントされてしまいます。

商品販売が目的の場合、カウント方法は「全件」がおすすめです。
「初回のみ」にチェックを入れた場合、1人の人間が2つ3つ商品を購入してくれた場合も、コンバーションが1回分しかカウントされません。

目的に合わせて、カウント方法を選択してください。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

次に、「アトリビューション モデル」を設定します。
「アトリビューション モデル」とは、コンバーション達成までに発生した各クリックに対して、評価を行ってくれるシステムです。

デフォルトは「ラストクリック」となっていますが、「接点ベース」をおすすめします。
これは、Googleの広告担当者さんからアドバイスを頂きました。

「接点ベース」とは、初回のクリックと、コンバーションに至った最後のクリックの評価を高めるというシステムです。

  1. 広告を初めてクリックしたが、登録しなかった。
  2. 広告を再びクリックしたが、登録しなかった。
  3. 広告をクリックして、登録した。

この場合、1と3のクリックを高く評価します。
コンバージョンに至った3の評価が高いのはもちろんのこと、あなたの商品やサービスを知るきっかけになった1も、同様の価値があるという考え方です。

設定が完了したら、「作成して続行」をクリックします。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

「タグを自分で追加する」を選択しましょう。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

まずはグローバルサイトタグの設定です。
グローバルサイトタグとは、広告のクリックに関する情報が保存されます。

既にGoogleアナリティクスなどを活用している場合は、「グローバルサイトタグはすべてのページにすでに設定されているが、別のGoogleサービス(例:Googleアナリティクス)または別のGoogle公式アカウントから設定した」を選択し、特に使用していない場合は、「グローバルサイトタグが設定されていないHTMLページがある」を選択してください。

表示されたコードをコピーして、指定された箇所にコードを埋め込みます。

Googleリスティング広告のコンバージョンの設定方法

次にイベントスニペットの設定です。
イベントスニペットとは、コンバージョンをカウントしてくれます。

チェック
  • 「ページの読み込み」とは、登録や購入ボタンが押されて、サンキューページが表示された時に、1コンバージョンとしてカウントしてくれます。
  • 「クリック」とは、登録や購入ボタンが押された瞬間に、1コンバージョンとしてカウントしてくれます。

サンキューページが用意されている場合は「ページの読み込み」を選択肢、用意していない場合は「クリック」を選択しましょう。

表示されたコードをコピーして、グローバルサイトタグの直後に貼り付けましょう。
これで、コンバージョンの設定は完了です。

Googleリスティング広告の始め方・やり方まとめ

今回の記事を活用してもらえれば、Googleリスティング広告の基本的なやり方は覚えられると思います。

わからないことがあったとしても、Google広告のお問い合わせフォームから質問がでるので、気軽に取り組んでみてください。

まずは基礎をマスターして、広告運用で少しでも売り上げを伸ばしてみましょう!

アシスタント
そうは言っても、広告運用って何だか凄く難しそう…。

そんな風に思った場合は、下記から登録できる無料オンライン講座を活用してみてください。
広告運用に加えて、少ない金額で実践できるブログやSEOを活用した集客方法など、インターネットを活用して売り上げを生み出す情報を、初心者にもわかりやすく発信しています。

オンライン講座へ登録して頂いた方には、Webを活用した集客や販売が学べる「Webマーケティングアカデミー」というサイトへ無料でご案内しています。
その他にも、人生を豊かにする為の動画講座や教科者など、限定プレゼントも用意しました。

ユウキ
Webマーケティングで人生を豊かにしたい場合は、ぜひ活用してみてくださいね!

追伸1.理想の人生を明確化して実現させるWeb戦略を、無料のオンライン講座でお伝えしています。登録者限定の動画講座や会員サイトを、今だけ特別にプレゼント中です。

追伸2.オンライン講座のLINE版も公開しています。LINE版限定のプレゼントも用意しているので、ぜひゲットしてください。

今回の記事が少しでも、あなたの人生をより良い方向へと導く、気づきやきっかけになれば嬉しいです。
最後まで記事を読んで頂き、どうもありがとうございました!

ABOUT US

株式会社GREEN代表取締役
創業7年目の32歳。心理セラピストの資格を持つ、現役のWebマーケター。ブログ月間最高アクセス数:110万pv(2サイト)/メールマガジン登録者さん:4,059名/LINE公式アカウント登録者さん:1,725名(3アカウント)。「人生を豊かにする為のWebマーケティング戦略」を発信している。重度の筋トレ&ドラクエオタク。趣味は妻と愛犬と戯れること。