中小企業・個人事業主・フリーランスを目指す人のためのWeb戦略

内向型は人生の選択肢を広げてみよう!それだけで楽になるよ^^

    
人生の選択肢を広げるとすごく生きやすくなるよ!
\ この記事を共有 /
内向型は人生の選択肢を広げてみよう!それだけで楽になるよ^^

どうも、Webマーケティング専門家/内向型人間研究家のユウキです^^

どうも、Webマーケティング専門家/内向型人間研究家のユウキです^^

  • 会社などの組織の中で働くのがすごく辛い…。
  • 社会の中で漠然とした生きづらさを抱えている…。
  • 毎日あさ憂鬱な気持ちで目が覚める…。

こんな悩みを抱えている場合は、ほんの少しでも記事を読んでみてください!

もしかしたら人生の選択肢を広げることで、あなたの生きづらさを解消できるかもしれません^^

心理セラピストの資格を持っている僕が、人生の選択肢を広げて、社会で生きやすくなる方法をまとめました!

人生の選択肢が狭いと生きづらくなる?

人生の選択肢って?

夫よ。
そもそも人生の選択肢ってなぁに?

ユウキ

簡単に言えば、自分の生き方を選ぶ範囲のようなものかな。
例えば、社会に出て仕事をする場合は「会社員」「公務員」「フリーター」「経営者」「投資家」などたくさんの選択肢があるよね?
これが、人生の選択肢だよ!

これは内向的な人に限った話ではないのですが、豊かな人生を送るためには、選択肢を広く持つことが重要だと思います!

人は選択肢が少ない状態だと、生きづらさを抱えやすいからです。

学生を卒業して社会に出るとき、どんな選択をする人が多いでしょうか?

僕もそうでしたが、会社員という生き方をする人が圧倒的に多いと思います。

仕事の内容にもよりますが、会社員の多くは次のような制約が課せられます。

Check
・時間を切り売りしなければならない
・苦手な人とも関わらなくてはならない
・組織に所属しなくてはならない
・職場へ出勤しなくてはならない

貴重な時間を切り売りしてお金を稼ぎ、苦手な人とも我慢して関わり、組織に所属して、毎日会社へ出勤する。

内向型は外部からの刺激に過敏だったり、集団での仕事が苦手な傾向があります。

関連記事:内向型の気質・性格を専門家がわかりやすく説明します!

つまり、会社員の制約は内向型とは非常に相性が悪いです^^;

なるほど確かに。
内向的な気質が強ければ強いほど、選択肢が少ないと生きづらくなりそうだね。

ユウキ

うん。
昔の僕もまさしくそうだったからね^^;

選択肢が狭くて苦しんだ話1 -会社員のとき-

僕は会社員時代、職場の雰囲気が性に合わず、毎日会社へ行くたびに動悸に襲われていました^^;

これは「この職場で生きていかなければならない」と思い込んでいたからです。

本来は転職をしても良いですし、独立をしても良いのです。

現在はWebマーケターとして独立をしたことで、マイペースに生きられるようになりました。

選択肢が狭くて苦しんだ話2 -結婚したとき-

妻と結婚したときは、義理の母親とあまりにも性格が合わず、精神を病んでしまい、精神安定剤を飲みながら生活をしていました^^;

これは「義理の母親と仲良くしなければならない」と思い込んでいたからです。

本来は割り切って付き合っても良いですし、無理に関わらないという選択をしても良いのです。

現在は義理の母親とは関わりを断ち、ストレスからは解消されました。

選択肢が狭くて苦しんだ話3 -起業したとき-

独立後は、起業家同士の付き合いや人脈作りに翻弄して、会社員のとき以上にストレスを抱えました^^;

これは「事業をするには人付き合いや人脈が必要不可欠」と思い込んでいたからです。

本来は一人で事業を進めても良いですし、人脈を作らなくても良いのです。

現在は好きな人としか関わらないようにしており、人間関係が楽になりました。

人生の選択肢は無数にある!

選択肢は無限大!

人生の選択肢は無数にあるんだね。

ユウキ

うん。
法律に触れること、人を傷つけたり不幸にすること、道理に反することなどは除いて、人間は何をするのも自由!
会社を辞めようが、人と関わらなかろうが、一人で仕事をしようが、どんな生き方をしても構わないのだ!

人の生き方に、絶対的な正解なんてありません!

ただ、完璧主義の傾向の強い内向的な人ほど、自分には合わないフィールドで真面目に努力をしたり、悩みを抱えているのにも関わらず、人に相談をせずに一人で努力を続けてしまう傾向があるように思えます。

もちろん、努力自体は悪いことではありません。

問題なのは、努力の方向性を間違えることです。

極端な例ですが、30歳を過ぎた男性が「お金持ちになりたい!」という目的を達成させるために、歌って踊れるアイドルを目指すのは、努力の方向性が間違っていると感じますよね?

真剣に挑戦すること自体は素晴らしいですし、努力をして得られることはあると思います。

しかし、結果を求めるのであれば、30歳を過ぎてアイドルを目指すのは効率が悪すぎると思います。

しかも、人前に出るのがあまり好きではなかったら、どうでしょうか?

百歩譲って、いや、一万歩譲ってアイドルになれたとしても、おそらくは辛くなって即引退です。

自分で起業をしたり、株の取引をしたり、お金持ちになるという手段は無数に存在します。

わざわざ自分に合わないフィールドを選んで努力をする必要はないんです!

諦めずに努力を続けるのが美徳という考え方は、明確な目的を持っており、尚且つ、自分が結果を出せる適切な手段を選んだ場合には適用されると思います。

しかし、明確な目的がなかったり、できないこと・苦手なこと・精神的に苦痛を感じることを手段に選んだ場合、話は別です。

潔く諦めて、別の道を選択することも大切だと思います!

人生の選択肢

自分に合った生き方を選択した方が、気楽に生きられるし幸せそうだね。

ユウキ

うん。
僕も選択肢を広く持って、自分に合った生き方を選択することで、人生がすごく楽になったよ^^

新たな選択をして生きやすくなった話1 -会社員のとき-

会社員時代は、会社という組織の中で1年間努力をしました。

その結果、人間関係や環境が辛くなり、毎日苦痛を感じるようになりました^^;

「自分は組織には向いていない!自分の強みが活かせる働き方がある!」と気付いたことで、組織で働くことを諦めました。

Webマーケターとして独立をして、努力を続けた結果、経営者として生きられるようになりました!

新たな選択をして生きやすくなった話2 -結婚したとき-

妻と結婚したときは、義理の母親と仲良くしようと、できるだけコミュニケーションをとって話も合わせるようにしました。

その結果、精神を病んでしまい、精神安定剤に頼ることになりました^^;

「無理に仲良くする必要はない!できるだけ関わらないようにして割り切って付き合おう!」と考え方を変えたことで、義理の母親と仲良くすることはやめました。

妻と一緒に過ごす時間を何よりも大切にした結果、義理の母親との関わりは無くなり、良好な結婚生活を送れています!

新たな選択をして生きやすくなった話3 -起業したとき-

独立後は、自分とは相性の合わない起業家コミュニティに所属したり、起業家同士の飲み会や合宿に参加したり、人付き合いに力を入れました。

その結果、会社員のとき以上に生きづらさを抱えました^^;

一時期は再就職を考えましたが、「自分の生き方には人脈は必要ない!好きな人とだけ関わるようにしよう!」と決断し、面倒な人間関係は全て断ち切りました。

ライティングスキルの向上や一人での仕事に時間を費やした結果、好きな人とだけ関わって生きられるようになりました!

内向型にオススメする人生の選択肢の広げ方とは?

人生の選択肢を広げてみよう!

人生の選択肢を広く持つことが大切なのはわかったよ。
でも、人生の選択肢を広げるためには、具体的に何をやれば良いの?

ユウキ

内向型の気質が強い場合には、Webマーケティングスキルを身に付けるのがオススメだよ!

Webマーケティングとは、ブログやメルマガなどWeb上で情報を発信して、お客さんを集めたり、商品を販売することです。

下記が一例です。

Example
・ハンドメイドが好きであれば、ハンドメイドに関する情報を発信する。ハンドメイド講師として、自分の作品を販売したり、ハンドメイドのワークショップを販売する。
・美容の知識が豊富であれば、美容に関する情報を発信する。美容の専門家として、美容グッズを紹介したり、美容講座を販売する。

Webマーケティングスキルを身につけると、人生の選択肢が一気に広がります。

Check
・時間を切り売りしなくても良い
仕組みを作れば集客や販売までの工程を自動化できる。営業や接客が好きであれば、自分でおこなってもOK。
・好きな人とだけ関われば良い
関わる人を自分で選択できる。仕事関係者もお客さんも、相性の合う人とだけ関わればOK。
・組織に所属しないでも良い
組織に所属しなくても収入を得られる。チームでの仕事が好きであれば、相性の合うビジネス仲間と仕事をしてもOK。
・職場へ出勤しないでも良い
自宅の一室で仕事が完結する。出勤したほうがやる気になるのであれば、オフィスを契約してもOK。

自宅で仕事が完結するようになるので、僕は「おうち起業」と呼んでいます^^

おうち起業には、会社員のような制約はありません。

お金・時間・人間関係・職場の自由度が、圧倒的に高くなります!

結婚前の話ですが、妻は人間関係のストレスでパニック障害と軽度のうつ病を患い、会社を休業したことがあります。

僕は既にWebマーケターとして独立をしていたので、妻にブログの運営方法を教えていました。

自分の思考や気持ちを表現できるブログが、妻の心の支えになっていたそうです。

月に30万円ほどの売り上げが上がるようになってからは、「これだけ収入が得られるようになれば、いつでも会社を辞められる。そんなに思い悩む必要はないな!」と、心に余裕ができたと言っています^^

現在は専業主婦となり僕を支えてくれていますが、休業中に身につけたWebマーケティングスキルは大きな自信となったようです。

僕自身も「これから一生涯、会社勤めをしないで生きていける!」という大きな自信や心の余裕が持てました。

「会社に勤めないでも、無理に人と関わらないでも、自宅で収入を得られる!」

その新たな選択肢が、心の余裕へと繋がります!

Webマーケティングを基盤とした「おうち起業」のやり方は、下記の記事で解説しています。

関連記事:おうち起業のはじめ方【2014年から活動してきた専門家が解説!】

興味のある場合はご覧ください^^

内向型におうち起業をオススメする理由とは?

なぜ内向型にオススメなのか?

確かにWebマーケティングスキルを身につけると、人生の選択肢は一気に広がるよね^^

ユウキ

うん。
そしてWebマーケティングを基盤としたおうち起業は、内向型の適性にも合いやすいよ!

具体的には、内向的な仕事を得意とする強みを活かしながら、外部からの刺激に過敏という弱点をカバーできます。

内向型の強みを活かせる

文章を書いて情報を発信したり、集客数や販売数などの数字を分析したり、いわゆる、内向的な仕事が大半を占めます。

つまり、内向型の強みを活かせるんです!

関連記事:内向型は強みがすっごい沢山あります!【内向的な人の長所12選】

例えば、筋トレが好きであれば、筋トレに関して徹底的に調べて、それをブログの記事で発信します。

すると、ブログにお客さんが集まってきます。

文章で人に伝えることが得意であれば、書籍を書いて販売しても良いです。

喋りで人に伝えることが得意であれば、動画講座を作って販売しても良いです。

僕は心理学が好きで、文章で伝えることが得意です。

そのため、内向型について徹底的に調べて、書籍という形でお客さんに商品を届けています。

小説を書いたり、イラストを描くのも大好きなので、小説やイラストも書籍の中に含めています。

好きなことを徹底的に追求し、得意な方法で商品を届けられる。

研究家のように、一つのことを突き詰める傾向が強い内向型におすすめの方法です!

内向型の弱みをカバーできる

自宅で一人で仕事を進められるので、無理に人と関わる必要はありません。

つまり、内向型の弱みをカバーできます!

関連記事:内向型は弱みを受け入れると楽になる!【内向的な人の短所6選】

満員電車や会社のオフィスなど、外部からの強烈な刺激を受けることも少ないです。

会社に通勤することもなく、苦手な上司や同僚と関わることもなく、愛する妻と過ごしながら、自宅でマイペースに仕事ができる。

僕にとってはこの環境が、最高のパフォーマンスを発揮できます。

外部からの刺激に過敏で、大勢の人たちと関わるのが苦手な内向型におすすめの方法です!

まとめ

まとめ

僕は人生の選択肢を広げて、自分の適性に合わせた生き方を選択して、努力をした結果、気楽な人生を送れるようになりました^^

自分の適性に合わせて別の道を選ぶのは、逃げではなくて立派な戦略です。

サッカーやバスケなどのスポーツにおいて、自分の強みを活かすためにポジションを変更するようなもの。

ぜひ、選択肢を広く持つことを意識してもらえると幸いです。